鄧芝 孫権との外交や反乱の鎮圧に活躍した、晩成の将軍

スポンサーリンク

鄧芝とうしは蜀に仕えて活躍した将軍です。

若い頃はなかなか地位を得られませんでしたが、年齢を重ねるにつれて立身しました。

孫権との外交に成功して友好関係を樹立し、蜀の東方の統治を任されるなどしています。

そして反乱の鎮圧にも活躍し、70才を越えても現役でした。

この文章では、そんな鄧芝について書いています。

鄧芝
【鄧芝の塑像】

スポンサーリンク

新野に生まれる

鄧芝はあざな伯苗はくびゃくといい、けい州の義陽郡、新野県の出身でした。

後漢の建国に貢献し、司徒しと(大臣)となった鄧禹とううの子孫で、名家の出身だったと言えます。

後漢の末期になると、蜀に入りましたが、すぐに士人の知遇を得るにはいたらず、官位につくことはできませんでした。

老年になってから出世すると言われる

この頃、益州従事の張裕が人相見を得意としていたので、鄧芝は彼に会いに行きます。

すると張裕は「君は七十才を過ぎてから大将軍となり、候に封じられるだろう」と言いました。

それから鄧芝は、巴西太守の龐羲ほうぎが士を好むと聞き、訪ねて行って身を寄せます。

劉備に見いだされ、抜擢を受ける

やがて劉備が益州を平定すると、鄧芝は県にある邸閣(食糧の貯蔵庫)の督となりました。

劉備は外出した際に、郫県を訪れて鄧芝と語り合いましたが、その才能を高く評価し、郫の県令に抜擢します。

ついで、広漢の太守に任命しました。

こうして鄧芝は倉庫の管理官から、一郡を治めるほどの地位に出世します。

どの任地でも清潔にふるまい、厳正な態度で治績をあげたので、中央に召喚されて尚書(政務官)となりました。

鄧芝地図1

孫権への使者を務める

223年になると、夷陵いりょうの戦いで呉に敗北し、病に倒れていた劉備が、永安で亡くなります。

それより以前のこと、呉の孫権が和睦を求めてきていたので、劉備は宗瑋そうい費禕ひいを何度も派遣し、答礼をしていました。

丞相の諸葛亮は、孫権は劉備が亡くなったことを知れば、心変わりをしてよからぬことを企むのではないかと考え、どう対応をするか、判断を下しかねていました。

すると鄧芝が諸葛亮に面会し、「ただいま、主上(劉禅)は幼く、即位されたばかりです。

使者を派遣し、呉に友好の意を重ねて伝えるべきかと思いますが」と言います。

すると諸葛亮は「私は久しくそのことを考えていたが、使者にふさわしい人物が見つからなかったのだ。

しかし今日になって、はじめてその人物が見つかった」と言いました。

鄧芝が「それは誰ですか」と質問をすると、諸葛亮は「つまりは君が使者となるのだ」と答えます。

こうして鄧芝は呉に派遣され、孫権との外交に取り組むことになりました。

孫権との交渉に臨む

鄧芝が呉を訪れると、諸葛亮が危惧していた通り、孫権はすぐに会おうとしませんでした。

このため、鄧芝は自分から上表をし、孫権に会見を申し入れます。

わたくしがこのたび参りましたのは、呉のためになることを望んでのことです。

ただ蜀のためばかりを考えているわけではありません」と告げました。

孫権はこれを聞いて鄧芝と会い、次のように語ります。

「わしは蜀と親しくすることを望んでいる。

しかし蜀の君主は幼く、国土は小さく、勢いに欠けている。

そこを魏につけこまれ、国を保てないのではないかと心配している。

だから同盟するべきか、ためらっているのだ」

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物