太史慈 劉備に救援を求め、孫策に仕えて活躍した武人の生涯

太史慈たいしじは後漢の末期に活躍した武人です。

単に強いだけでなく、信義に厚く、機転がきく性格で、相当に有能な人物でした。

しかしなかなか主君に恵まれず、各地を流転していましたが、孫策に出会うことで運が開け、重く用いられるようになりました。

この文章では、そんな太史慈の生涯について書いてみます。

【太史慈の肖像画】

青州に生まれる

太史慈はあざな子義しぎといい、166年に青州の東莱とうらい郡で誕生しました。

(青州は中国北東の沿岸部にある州で、現在は山東省になっています)

太史慈は若い頃から学問を好み、郡の役所に仕えて奏曹史そうそうし(総務職)となります。

太史慈というと武勇の士、という印象が強いのですが、初めは文官として働いていたのでした。

一方で太史慈は弓の名手でもあり、文武両道の人物だったのだと言えます。

外見には、身長が7尺7寸(約185cm)あり、見事なひげをはやし、腕が長いという特徴がありました。

州と郡の間でもめごとが起こる

太史慈は東莱郡の役所で働き始めたものの、その道のりは順調とは言えませんでした。

ある時、青州と東莱郡の役所の間でもめごとが発生し、なかなかおさまることがありませんでした。

(現代の日本でたとえると、県庁と市役所が争っているようなものです。)

このため朝廷に事態を伝え、裁いてもらうことにしますが、どちらが先に朝廷に書状を送り届けるかで、有利不利が定まる状況になります。

やがて、州刺史(長官)の書状を持った役人が都に向かっているという知らせが届き、郡の太守は遅れをとったことを知りました。

そこで頼りになる者はいないかと探したところ、太史慈の名前があがります。

ゆえに太守は太史慈に、「州の使者を出し抜き、自分の書状を先に朝廷に提出するように」と命じました。

太史慈は命令を受けるとただちに出発し、昼夜兼行で首都・洛陽らくようにかけつけます。

そして都に到着すると、地方からの訴状を受けつける役所に、既に州の役人が到着しているのを見つけました。

太史慈は間一髪でまにあったわけですが、さっそく「あなたは朝廷に書状を提出しようとしているのですか?」と州の役人にたずねます。

「そうですが」と役人が返答すると、太史慈は「その書状はどこにあるのでしょう?」とさらにたずねます。

すると役人が「馬車の中にありますよ」と答えたので、「表書きをよく確認した方がいいでしょう。朝廷に提出するのに、もしも間違っていたら大変ですから。私が見てあげましょう」と親切ごかして勧めました。

そう言われて不安になった州の役人が書状を持ってくると、太史慈はそれを受け取ります。

すると懐に忍ばせておいた小刀を取り出し、手早く切り裂いてしまいました。

「何をする!」と驚いた役人が大声を出したので、太史慈は彼を車の影にひっぱりこみ、こうささやきました。

「もしもあなたが私に書状を渡さなければ、私が書状を破ることはできなかった。だからあなたと私は、どちらにも過失があったことになる。このまま黙って二人ともこの場を逃れるのが一番だ。二人そろって処刑されることもあるまい」

これを聞いた役人は憤りながらも、太史慈の言うことはもっともだったので、ひとまず騒ぎ立てるのをやめました。

そして「あんたは郡のために書状を破り、思い通りにことを運べた。それなのに、どうして逃げるんだ?」といぶかしんでたずねます。

すると太史慈が「郡から派遣されたのは、書状が提出されたかどうかを確かめるためだった。なのに私はやりすぎて、書状を切り裂いてしまった。このまま群の役所に帰れば責任を追及されるだろう。だから一緒に逃げようと言っているんだ」と答え、役人はそれに納得し、二人で逃亡することになりました。

太史慈だけ引き返す

しかし太史慈は役人と一緒に城門を出ると、しばらくしてから姿をくらまし、ひそかに洛陽にまいもどります。

そして郡の太守から預かっていた書状を朝廷に提出し、まんまと州を出し抜くことに成功したのでした。

州の方ではその話を聞くと、再び書状を提出しようとしますが、すでに郡からの書状が出ているので、受けつけてもらえませんでした

この結果、州の方が不利な処分を受けることになります。

この事件によって太史慈は世間に名を知られましたが、青州刺史からは恨まれることになったので、後難を恐れて身を隠すことにしました。

結局は、太史慈もまた逃亡者になり、しばらくは遼東りょうとう(北方の辺境地帯)に潜伏することになります。

このように、太史慈には機略があったものの、そのせいで、かえって身分を失ってしまったのでした。

人をだますのは悪事ですが、手段を問わず、上官の命令を忠実に遂行した、という意味では称賛される行いでもあり、なかなか評価が難しい事件だったのだと言えます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物