劉繇 太史慈を用いず、孫策に敗れた揚州刺史の生涯

劉繇りゅうようは後漢の末期において、揚州の刺史しし(長官)となった人物です。

もともとは、清廉かつ公正な官吏として知られた人物でしたが、戦乱の中で刺史となり、袁術と争うことになりました。

しばらくは勢力を保つものの、やがて孫策そんさくに敗れて揚州を追われ、間もなく病死しています。

しかしながら、後に遺族が敵対した孫策に保護されており、呉で栄えることになりました。

この文章では、そんな劉繇の生涯について書いてみます。

漢の皇室の血を引く家に生まれる

劉繇はあざな正礼せいれいといい、156年に青州の東莱とうらい郡で誕生しています。

先祖は斉の孝王でしたが、この孝王は前漢を建国した劉邦りゅうほうの孫でした。

つまり劉繇は、漢の皇室の血を受け継ぐ家柄に生まれています。

劉邦の時代から数百年をへた、後漢の末期になっても実力のある家柄で、伯父の劉寵りゅうちょうは四度も三公(最高位の大臣)に就任しており、兄の劉岱りゅうたいは侍中やえん州刺史を歴任しています。

劉寵も劉岱も、ともに飾り気がなく、他人への思いやりが深いことで知られ、人望を得ていました。

劉繇は単に血筋がよいだけでなく、優れた能力と人格を備えた一族に生まれたのだと言えます。

盗賊から叔父を取り戻して評判となる

劉繇が19歳の時、叔父の劉韙りゅういが盗賊に捕らえられ、人質になる事件が発生します。

劉繇はこの時に盗賊を退治し、叔父を無事に取り戻してきたことで、世間に名を知られるようになりました。

そして推挙を受けて郎中ろうちゅう(近衛兵)となり、やがて下邑かゆう県の長に任命されます。

しかし、上役である郡の太守が、劉繇が名門の出身であることを利用しようとして接近してきたので、これを避けるために官位を捨て、郷里に戻りました。

劉繇は清廉さを重んじる性格でしたので、権勢をめあてに近づく人間を嫌ったのです。

済南国の相を罷免させる

劉繇は郷里に戻ると、やがて青州の役所に招かれ、済南せいなん国の行政監察の任を引き受けました。

劉繇が調査したところ、済南国のしょう(大臣)が賄賂をむさぼり、法を無視して悪政を行っていることが判明します。

この相は、皇帝の側近くに仕え、権勢を誇っていた中常侍ちゅうじょうじ宦官かんがんの地位)の養子でした。

それゆえに、養父の権勢を頼みにして好き放題をやっていたのですが、劉繇はひるまずに朝廷に上表し、悪事を告発して彼を罷免させています。

朝廷への推挙を受ける

このような劉繇の硬骨さが評判を呼び、陶丘洪とうきゅうこうという人が、劉繇を朝廷に推挙してはどうかと、青州刺史に進言します。

しかしこの刺史は先に劉繇の兄・劉岱を推挙したばかりでしたので、ひいきをしていると思われるのではないかと考え、実行をためらいました。

すると陶丘洪は「もし刺史さまが、さきに劉岱どのを登用し、ついで劉繇どのを抜擢なされば、二匹の龍を御してはるか遠くまで行き、二頭の名馬に乗って千里の道を駆けるようなものです。すばらしいことではありませんか」と刺史に告げました。

この言葉から、劉岱・劉繇の兄弟は、世間から高く評価を受けていたことがうかがえます。

こうした経緯によって、劉繇は朝廷から地位を与えられそうになりましたが、やがて董卓とうたくが台頭し、戦乱の時代となったので出仕を断りました。

そして淮水わいすい(黄河と長江の間を流れる大河)のあたりに移住しています。

揚州刺史に任じられる

こうした経緯によって、劉繇は南方で避難生活を送っていましたが、朝廷は彼を放っておかず、やがて詔勅によって揚州刺史に任命しました。

劉繇は皇帝の勅命だったのでこれを受けましたが、当時の揚州は袁術えんじゅつが侵入しており、そのうえ、各地の太守が中央の統制を離れて独立割拠するなど、混沌とした状況になっています。

言わば、劉繇は火中の栗を拾わされたようなものでした。

このため、劉繇は袁術に占拠された揚州の州都・寿春じゅしゅんを避け、長江を渡って南に向かおうとします。

すると現地の有力者である呉景と孫賁そんふんが劉繇を迎え、曲阿きょくあを拠点にするようにと勧めました。

呉景は亡き孫堅そんけんの義弟で、この時には丹陽たんよう太守の地位にありました。

そして孫賁は孫堅の甥で、孫堅が戦死した後に、その軍勢を引き継いだ人物です。

こうして劉繇は、孫堅ゆかりの者たちの支援を受け、ひとまず身を落ち着かせることができました。

しかし袁術は揚州全土を我が物とするため、やがて劉繇を敵視するようになり、危険な状況に陥ることになります。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史 その他の勢力

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、8月8日〜16日の間は299円のセール価格で販売しています。
kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物