楊洪 忠義と公正さを備えた蜀の良臣

スポンサーリンク

楊洪ようこうは、劉璋や劉備に仕えた人物です。

私心を抑え、公のために尽くせる性格の持ち主で、内政や反乱への対処に活躍しました。

そして諸葛亮から相談を受けることが多く、信頼されていたことがうかがえます。

この文章では、そんな楊洪について書いています。

スポンサーリンク

犍為に生まれる

楊洪はあざな季休ききゅうといい、益州の犍為けんい郡、武陽県の出身でした。

劉璋の時代に官につき、諸郡の官吏を歴任します。

やがて214年に、劉備が蜀を平定すると、犍為太守になった李厳は、楊洪を功曹こうそう(人事担当)に任命しました。

功曹には地元出身の、人物鑑定眼がある者が選ばれますので、楊洪がそのような評価を受けていたことがわかります。

李厳に反対し、州の役人となる

李厳はある時、郡の役所を移転させたいと考えましたが、楊洪はこれをいさめて反対し、譲ろうとしませんでした。

詳細は不明ですが、楊洪の性格からして、この移転は公共のためにならないと、確信できる要素があったのだと思われます。

しかし李厳が受け入れなかったので、楊洪は功曹を辞職し、官から離れたいと願い出ます。

すると李厳は楊洪の能力を惜しんだようで、州に推薦したので、蜀部従事(州から派遣される統治官)に転任することになりました。
(この人事には、厄介払いという面もあったかもしれません)

諸葛亮に速やかな徴発を進言する

その後、劉備が漢中を曹操と争っている際に、成都に緊急の知らせを送り、「兵を挑発せよ」と伝えてきました。

この時、軍師将軍の地位にあり、成都を守っていた諸葛亮は、 楊洪に事の是非をたずねました。

すると楊洪は「漢中は益州の喉元にあたる地域で、存亡の分かれ目となる要所です。

もしも漢中を失えば、蜀は存立できず、家門の災いとなるでしょう。

ですので、危急の事態に対処するため、男子は戦場に向かい、女子は輸送にあたるべきです。

兵の挑発に、何をためらう必要がありましょう」と答えます。

実際のところ、漢中は益州を維持するためには必須の土地でしたので、楊洪の進言は的確なものでした。

蜀郡太守を代行し、職務を的確にこなす

ところで当時、蜀郡太守だった法正は、劉備の北征に随行しており、兵の徴発の実務に携わることはできない状況にありました。

諸葛亮はこのため、楊洪に太守を代行させるようにと上表します。

そして楊洪に任せてみると、諸事を的確に処理したので、太守が本務となりました。

それからしばらくして、楊洪は益州の治中従事ちちゅうじゅうじ(州長官の補佐役)に昇進しています。

221年にはこの官名で、劉備に皇帝になるように勧める上表文に連名しており、地位が高まっていたことがうかがえます。

楊洪地図

黄元が反乱を起こす

劉備は蜀の皇帝の即位した後、関羽の復讐のため、呉の征討に出陣します。

しかし夷陵いりょうの戦いで大敗を喫すると、撤退して永安に滞留し、病床に伏すようになりました。

すると漢嘉かんか太守の黄元こうげんが、かねてより諸葛亮と不仲だったので、劉備の病気が重いと知ると、郡をあげて反乱を起こします。

劉備が亡くなると諸葛亮の権限が大きくなり、それによって不仲な自分はよい地位に就けなくなるか、官を追われると恐れたのでしょう。

そして黄元は都がある蜀郡に進出し、臨邛りんきょう城を焼き払います。

このとき諸葛亮は、永安に劉備の病気を見舞うために出かけており、成都は手薄になっていました。

そのため黄元は、はばかることなく反旗を翻したのです。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物