費詩 関羽の説得には成功するも、劉備の不興を買った直言居士

スポンサーリンク

費詩ひしは、劉しょうや劉備に仕えた人物です。

劉備に命じられて使者を務め、前将軍の印綬を受けようとしなかった関羽を、説得するという働きをしています。

しかしその後、劉備が蜀の皇帝になるのに反対したり、諸葛亮の策に反対したため、不興を買いました。

このために、さほど立身できずに生涯を終えています。

この文章では、そんな費禕について書いています。

スポンサーリンク

犍為に生まれる

費詩はあざな公挙こうきょといい、益州の犍為けんい郡、南安県の出身でした。

劉璋の時代に仕官し、緜竹めんちくの県令に任命されています。

やがて劉備が益州に入り、緜竹を攻撃すると、費詩は先んじて、城をあげて降伏しました。

このことから、あまり忠節を重視する人柄ではなかったことがうかがえます。

劉備に仕えて立身する

成都が平定されると、劉備は益州の牧を兼務し、費詩を督軍とくぐん従事(軍政官)に任命しています。

こうして費詩は主君を乗り換え、劉備に仕えるようになりました。

費詩は牂河しょうか太守に任命された後、中央に戻って益州の前部司馬ぜんぶしば(指揮官)となり、地位を高めていきます。

関羽への使者を務める

劉備は219年に漢中王になると、主だった武将たちに、新たに将軍位を与えました。

そして費詩をけい州に派遣し、関羽を前将軍に任命しようとします。

しかし関羽は、黄忠が同格の後将軍になったと聞くと、腹を立てました。

「大の男が、老兵などと同列になれるものか」と言い、どうしても前将軍の印綬を受け取ろうとしません。

黄忠は劉備軍の中では新参者でしたが、益州と漢中の攻略戦で大活躍をし、一躍重臣に列するようになります。

しかし、ずっと荊州を守っていた関羽は、黄忠の活躍を目の当たりにしていなかったので、この人事に納得できなかったのでした。

費詩が関羽を説得する

このために費詩は、関羽に向かって言いました。

「そもそも王業を樹立する者や、任用を受ける者は、ただ一人ではありません。

昔、蕭何しょうか曹参そうしんは前漢の高祖(劉邦)と、若い頃から親しい関係にありましたが、後から陳平や韓信が、亡命して陣営に加わりました。

そして韓信が大将軍となり、最上位につくことになります。

しかし蕭何や曹参が、そのために恨みを抱いたなどという話は、聞いたことがありません。

いま、漢王(劉備)は一時の功績によって、漢升(黄忠)を高い身分にされました。

しかし心中の評価が、どうしてあなたと同等のはずがありましょうか。

その上、王とあなたとは、たとえてみれば一つの身体のようなもので、喜びも悲しみも共にし、災いも幸いも共にされる間柄でいらっしゃいます。

私があなたのために考えますに、官位の高下や、爵禄の多少を計って気になさるのは、適当なことではないと存じます。

私は一介の使者で、命令を伝えるだけの人間ですので、あなたがお受けにならないのであれば、このまま帰るだけです。

ただ、あなたのためにこの行いを残念に思います。

おそらくは、後悔されることになるでしょう」

これを聞くと、関羽は費詩の話を理解し、すぐに前将軍の印綬を受け取りました。

このように、費詩は弁の立つ人物だったのでした。

劉備はあらかじめ見越していた

これより以前のこと、益州にいた諸葛亮は、関羽は黄忠と同列に並べられることを、好まないだろうと予測していました。

このため「黄忠を後将軍にするのはいかがなものでしょうか」と劉備に意見を述べます。

すると劉備は「わしが自分で使者を送り、関羽を説得しよう」と言って、黄忠を後将軍の地位に着けました。

そして費詩が使者として送られたわけですが、劉備は費詩であれば、関羽を説得できるだろうと、見越していたようです。

すると費詩は期待に応え、関羽に前将軍の印綬を受け取らせることに成功したのでした。

と、ここまではよかったのですが、費詩は次の機会に失敗をし、地位を失うことになります。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物