霍弋 劉禅の側近を務め、反乱の鎮圧にも活躍した将軍

スポンサーリンク

霍弋かくよくは劉禅に仕え、太子の側近や将軍を務めた人物です。

初めは劉禅の後継者・劉璿りゅうせんのお目付役をしていましたが、やがて将軍となり、蜀の南方で起きた反乱を鎮圧しました。

その後は南方の統治を担当しますが、やがて蜀の滅亡を迎えます。

やがて魏にも起用され、交州(ベトナム方面)を攻略するなどして活躍しました。

この文章では、そんな霍弋の生涯を書いています。

スポンサーリンク

蜀の将軍の子として生まれる

霍弋は劉備に仕えて活躍した将軍・霍峻かくしゅんの子です。

生年は不明となっています。

あざな紹先しょうせんといい、劉備が亡くなった年(223年)に、劉禅の舎人とねり(警固・雑用役係)に任命されました。

劉禅の舎人には、後に出世した費禕ひい董允とういんもいましたので、霍弋もまた将来を見込まれていた、ということになります。

やがて劉禅が蜀の皇帝に即位すると、謁者えっしゃ(宮廷の取り次ぎ役)に登用されました。

このように、霍弋は初め、劉禅の側近として取り立てられたのでした。

漢中に移った後、再び劉禅の側近となる

諸葛亮が北伐のために漢中に駐屯した際に、霍弋は要請を受けて記室(書記官)となりました。

そして諸葛亮の子・諸葛きょうとともにあちこちを巡り歩き、見聞を広めています。

霍弋はそれまでずっと宮中の仕事をしていましたが、それ以外のことも経験させておこうと、諸葛亮が気を配ったのかもしれません。

やがて諸葛亮が亡くなると黄門侍郎こうもんじろうに任命され、劉禅の側近となりました。

霍弋地図1

劉璿のお目付役となる

そして劉禅が子の劉せんを皇太子に立てた際に、霍弋は太子中庶子(側近)に任命されています。

劉璿は馬術や弓術を好み、宮殿の出入りに際して節度がありませんでした。

このため霍弋は古代の事例を引き合いに出し、言葉を尽くして劉璿を諫めます。

その態度は、太子の人格を磨く上で有益なものであったと評価されています。

霍弋は人を戒めることができる性格で、それゆえに太子付となることが多かったのでしょう。

軍事に携わるようになる

霍弋は後に参軍(軍政官)として、来降屯らいこうとん副弐ふくじ都督(駐屯軍の副官といった地位だと思われる)となりました。

また護軍(軍の監察官)に転任しましたが、劉璿の側近としての職務も担当し続けます。

このようにして、宮中のことだけでなく、軍事にも携わるようになっていきました。

やがて永昌軍のりょう族が要害を頼んで蜀に服従せず、たびたび被害を与えてきたので、霍弋は軍を率いて彼らの討伐に向かいます。

霍弋は将軍としての能力も秀でており、獠族の有力な指導者を討ち取り、彼らの村落を破壊したので、永昌郡は平穏を取り戻しました。

その後、監軍・翊軍よくぐん将軍に昇進して、建寧けんねいの太守を兼務し、南郡の軍政を統括するようになりました。

こうして霍弋は、蜀の南方ににらみをきかせる立場に就いています。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物