大司馬とは 三国志では劉備や曹仁が就任

スポンサーリンク

大司馬だいしばは中国の官職です。

古代の周(前1046-前256年)の時代に設置され、軍事や運輸を司りました。

周では6人の行政長官で構成される六卿りくけいという地位がありましたが、そのうちのひとつです。

スポンサーリンク

前漢では

前漢(前206-8年)の時代になると、六卿の上の三公に格上げされ、大司徒・大司空と並ぶ朝廷の最高官となりました。

武帝の時代、建元4年(前119年)に大将軍・衛青と、驃騎ひょうき将軍・霍去病かくきょへいが並び立つと、霍去病が大司馬に任命されています。

このことから、大将軍と大司馬はともに国軍のトップとして、同程度の格式を持っていたことがわかります。

しかしこの頃の大司馬は称号であるに過ぎず、霍去病は大司馬と驃騎将軍を兼ねていました。

大司馬そのものには、兵権はなかったようです。

しかし前漢の終わり頃になると、大司馬のみで兵権を持つようになり、将軍位を兼ねることがなくなりました。

そして三公の筆頭にも立っています。

これは前漢の統治力が衰え、大司馬に軍を掌握させる必要が高まったからだと思われます。

こうして大司馬は、朝臣の頂点に立ちます。

前漢滅亡から後漢建国にかけて

やがて前漢が滅亡すると、新王朝が成立しますが、新は統治の失敗によって短期間で滅びます。

その過程においては、劉秀が大司馬に就任して勢力を伸ばし、やがて後漢を建国することになります。

このように、大司馬は依然として重要な地位のままとなっていました。


【劉秀 動乱期には大司馬となり、後に後漢の初代皇帝となる】

後漢では

その後、後漢(25-220年)が建国されると、動乱の時代は終わりました。

そして建武27年(51年)に官制の改革が行われ、大司馬は太尉たいいという地位に置き換えられています。

太尉は軍を率いて戦うことはめったになく、国防の方針を立てたり、将軍たちの働きぶりを査定する、行政長官の職になっています。

これは後漢の統治が確立され、世が平和になったため、大司馬=太尉に大きな軍権を持たせる必要がなくなったからなのでしょう。

三国志における大司馬

後漢の統治が乱れて各地で反乱が起き始めると、188年に王室の一員で、かつ名声が高かった劉虞りゅうぐが大司馬に就任しています。

他には劉備が219年に漢中王を名のると、大司馬にも就任しました。

彼らはいずれも、衰えた後漢を軍事的に支える役割を担うために、大司馬になったのでした。

このように乱世に突入すると、大司馬は復活し、軍を率いて国を立て直す役割が求められるようになりました。

これは前漢も後漢も同じだったようです。

三国時代には

220年に後漢が滅ぶと、魏王朝でも大司馬は任命されており、功臣の曹仁が就任しています。


【魏の大司馬になった曹仁】

蜀では諸葛亮の後を受けた蒋琬しょうえんが大司馬に就任し、彼につぐ立場だった費禕ひいが大将軍となっています。

曹仁は大将軍から大司馬に昇進していますし、三国時代においては、魏と蜀どちらでも、大司馬が大将軍の上に立ち、国軍を統括していたとみることができます。

このように大司馬は、時代状況に応じて消滅したり復活したり、役割も変化していく地位だったのでした。

スポンサーリンク
用語集 官職 三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物