夏候惇 曹操から友人であることを望まれた、忠良な武将の生涯

スポンサーリンク

夏候惇かこうとんは曹操に仕え、重んじられた人物です。

戦場で左目を射られて失ったことから、隻眼の武将として知られています。

演義では猛将というイメージをつけられていますが、史実では戦いは不得意で、内政や軍の統括といった面で実績を残しています。

曹操からは尊重され、臣下として扱わない特別待遇まで受けていました。

これは夏候惇の篤実な人柄が、それだけ評価されていたからなのだと思われます。

この文章では、そんな夏侯惇の生涯について書いています。

スポンサーリンク

沛国譙県に生まれる

夏侯惇はあざな元襄げんじょうといいます。

沛国しょう県の出身で、生年は不明となっています。

前漢の建国の功臣である夏侯えいの子孫で、名家の出身だったのだと言えます。

若い頃から学問を好んでおり、十四の時に教師について学んでいました。

しかしその教師を侮辱した者がいたので、夏侯惇は怒ってその者を殺害しています。

この事件によって、夏侯惇は気性の荒い若者だとして、まず有名になりました。

曹操の旗揚げ以後、側近となる

曹操の父は夏侯氏の出身で、曹氏の養子になったと言われています。

このため、夏侯惇と曹操は血縁関係にあり、子供の頃から親しかったようです。

なので曹操が189年に旗揚げをすると、すぐに副官として仕え、補佐をするようになりました。

以後は生涯に渡って曹操を支え続けています。

曹操が行奮武こうふんぶ将軍になると、夏候惇は折衝校尉せっしょうこうい(部隊長)に昇進し、別働隊を率いて白馬に駐屯しました。

そしてえん州の東郡太守(長官)にも就任し、軍事と行政の両方で、重要な役割を担っています。

しかしながら、夏候惇は軍の指揮はさほど得意ではなく、この後で重大な危機に陥ることになります。

呂布に曹操の本拠を奪われる

やがて曹操は、陶謙とうけんを討つために徐州に遠征しますが、その間、本拠の濮陽ぼくようは夏候惇が守っていました。

すると曹操の部下である張邈ちょうばくが裏切り、呂布を引き込んで兗州の大半を占拠します。

このため、夏候惇は曹操の家族を保護する目的で、鄄城けんじょうに赴きました。

夏候惇はその途中で呂布の軍勢にばったりと遭遇し、不意に戦うはめになります。

呂布は夏候惇が出撃しているのを知ると、すぐに撤退し、回り込んで濮陽を占拠しました。

このあたりの判断の速さは、さすが呂布といった感じですが、こうして夏侯惇は兗州の守備に失敗してしまいます。

守将自らが本拠を離れて出撃をしていたのは、いささか軽率だったと言えるでしょう。

呂布に捕らわれ、人質となる

呂布はそれから改めて出撃し、夏候惇の輸送隊を襲撃して物資を奪いました。

そのうえで武将を派遣して降伏すると見せかけ、夏候惇を罠にはめて捕縛します。

このように、夏候惇は呂布にいいようにされてしまったのでした。

そして呂布は夏候惇の部下たちに、「彼の命がおしければ財宝を差し出せ」と要求します。

呂布は夏候惇から、軍需物資も財産をも奪うつもりだったのです。

これによって夏候惇の軍勢は混乱におちいりましたが、副官の韓浩かんこうがとりまとめ、何とか落ち着きを取り戻させています。

危ういところを救出される

この時代の国法では、要人が人質に取られて脅迫されたばあい、人質もろとも犯人を殺害することになっていました。

このため、韓浩は兵を引きつれて夏候惇が捕縛されている場所へ向かい、夏候惇もろとも賊を殺害する決意を固めます。

韓浩は涙ながらに「国法ですからどうしようもありません」と夏候惇に謝ってから、兵士たちに賊を斬らせようとします。

すると賊たちは命を惜しみ、「私たちはただ必要なものを手に入れようとしただけです」と言い訳をしつつ、頭を地面にたたきつけて降参したので、夏候惇は殺害されずにすみました。

なお、韓浩は捕らえた賊たちを、すべて斬り捨てさせています。

こうして夏候惇が救出されると、曹操は韓浩の処置を褒めたたえます。

そして人質事件が発生した場合には、人質を犯人とともに討つようにと、改めて法令に記させました。

このようにして、夏候惇は危ういところを助りましたが、将としては重大な失敗をしたのだと言えます。

流れ矢に当たって左目を負傷する

夏侯惇は曹操が呂布の討伐に出ると、そのお供をして出陣しました。

しかし、そこで流れ矢に当たって左目を負傷してしまいます。

ところで、夏候惇の従弟の夏侯えんもまた、曹操に仕えていました。

二人は似ていたようで、これ以後、夏侯惇は「盲夏侯もうかこう」と軍中で呼ばれ、その名で夏侯淵と区別されます。

夏侯惇はこれを大変に嫌がり、鏡を見るたびに腹を立て、地面にたたきつけました。

この挿話によって、「隻眼の猛将」というイメージが夏侯惇につくようになります。

しかし実際の夏侯惇は、呂布に追われた劉備を救援する際に、呂布配下の高順と戦って敗れるなどしており、前線の指揮は得意ではありませんでした。

演義では豪傑として描かれていますが、実際には内政を得意としていました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物