諸葛瞻 父には劣るも、忠節は尽くした諸葛亮の子

スポンサーリンク

諸葛瞻しょかつせんあざな思遠しえんといい、蜀の丞相・諸葛亮の子です。

227年に誕生しました。

諸葛亮は諸葛瞻が生まれた頃から、魏を打倒するための北伐を実施していました。

そして234年には、五丈原に出陣します。

この時、諸葛亮は兄の諸葛きんに手紙を送り「せんはもう8才になりましたが、とても賢く、愛らしい子です。

しかし早成してしまい、将来は大きく育たないのではないかと気がかりです」と述べています。

このように、諸葛瞻には早熟の気があったようです。

なお諸葛亮はこの年のうちに、出陣先で亡くなりました。

諸葛瞻
【諸葛瞻の肖像】

スポンサーリンク

出世を重ねる

諸葛瞻は17才になると、公主(劉禅の娘)をめとり、騎都尉きとい(騎兵隊長)になりました。

翌年には羽林うりん中郎将(近衛指揮官)となり、ついで射声校尉、侍中(皇帝の顧問官)、尚書僕射しょうしょぼくや(政務次官)へと昇進します。

これらはいずれも皇帝直属の地位で、蜀の中枢を担うべき人材として、諸葛瞻が期待されていたことを現しています。

加えて軍師将軍にもなりましたが、これはかつて、父の諸葛亮が劉備から与えられていた位でした。

諸葛瞻が父に重ねられていたことが、うかがえる人事です。

実質以上の評判を得る

諸葛瞻は書画が巧みで、物覚えがよいという特徴を持っていました。

蜀の人々は諸葛亮を追慕して、その才能を愛しました。

朝廷が善政を行ったり、めでたい事があると、諸葛瞻が提案したことでなくとも、人々はみな「葛候のなさったことだ」と言い合います。

このため、諸葛瞻を褒め称える声が国中に満ちて行き、それは当人の実質を超えたものとなりました。

父の諸葛亮の影響が大きく、それによって子の諸葛瞻は、当人が何もしなくても、蜀の国中で愛される人物となっていたのです。

そして261年になると、行都護とごえい将軍(首都の防衛長官)となり、加えて平尚書事にもなり、さらに地位が高まります。

権勢を握る

この頃には、諸葛瞻は宮中の諸事を取り仕切るようになりました。

すると右車騎将軍という高位にあり、70才を超えていた廖化りょうかという将軍が、諸葛瞻に挨拶に行こうと考えます。

そして同じく70才を超え、鎮軍大将軍の地位にあった宗預そうよを誘うのですが、宗預は次のように答えました。

「われわれは70才を超えて、すでに身に過ぎた厚遇を受けている。

足りていないのは死だけだ。

年少の輩に何を求め、せせこましく訪問などしようというのか」

このように、宗預は剛直な人物だったのですが、この挿話から、まだ30代でしかなかった諸葛瞻の権勢が、大いに高まっていたことがうかがえます。

黄皓と妥協する

一方でこの時期には、劉禅に取り入った黄皓こうこうという宦官が、蜀の政治を乱していました。

黄皓は劉禅に気に入られるのが得意なだけの男で、政治や軍事のことは、何もわかっていませんでした。

このような人物を重用したために、蜀の国勢は衰えを見せていきます。

そして諸葛瞻を初めとした高官たちは、黄皓を排除しようとせず、妥協してやりすごす道を選びました。

もしも諸葛亮が存命であれば、このような状況は、絶対に許さなかったでしょう。

やがて黄皓と、彼を排除しようとした大将軍の姜維きょういとの間で、政治的な抗争が発生し、宮中と軍の間に溝ができ、そこを魏につけこまれることとなります。

魏の侵攻を受ける

263年になると、魏は大軍を動員し、蜀に攻めこんで来ました。

これより以前から、姜維は黄皓から加えられる害を避けるために、前線にずっと駐留するようになっていました。

これによって、魏に蜀の内部が乱れていることを察知されたのが、侵攻を受けた原因となっています。

姜維は魏軍の動きを察知して、劉禅に急を知らせますが、黄皓がこれを握り潰したため、防衛体制を敷くのが遅れました。

やがて蜀の領内に魏軍が侵入してきますが、姜維が剣閣けんかくに立てこもってこれを防ぎ、それ以上の侵攻を防ぎます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物