諸葛瞻 父には劣るも、忠節は尽くした諸葛亮の子

スポンサーリンク

鄧艾に迫られる

一方で、別動隊を率いていた魏の征西将軍・鄧艾とうがいは剣閣を迂回し、山中の険しい道を突破して、成都に迫ってきます。

このため、諸葛瞻は諸軍を率い、に駐屯しました。

この時、従軍していた黄崇こうすう(黄権の子)が諸葛瞻に対し、「すみやかに要害を固め、平地に敵が侵入できないようにするべきです」と、諸葛瞻に何度も進言をします。

しかし諸葛瞻がためらい、実施しないでいるうちに、鄧艾の軍勢が迫ってきてしまいました。

こうして諸葛瞻は、みすみす蜀軍を窮地に陥れてしまいます。

鄧艾の誘いを拒絶する

やがて先鋒が敗北したので、諸葛瞻は諸軍を率いて緜竹めんちくに後退しました。

すると鄧艾が手紙を送ってきて「もしも降伏したならば、必ず上表して琅邪ろうや王に取り立てよう」と言ってきます。

琅邪は徐州にあり、諸葛亮の出身地でした。

諸葛瞻はこれを受け取ると激怒し、使者を斬り捨て、断固として拒絶します。

戦死する

こうして鄧艾と戦いとなりましたが、諸葛瞻は大敗を喫し、そのまま前線で討ち取られました。

享年は37才でした。

この時に黄崇や張遵ちょうじゅん(張飛の孫)も戦死しており、蜀軍の受けた被害は非常に大きかったようです。

指揮官がいなくなってしまったので、軍勢はちりぢりとなって逃亡し、成都を守るものは、何もなくなります。

この結果、鄧艾はさらに進撃して成都に迫り、劉禅を降伏に追い込み、蜀を滅亡させました。

諸葛瞻地図

子の諸葛尚も戦死する

この時、長男の諸葛しょうも従軍していましたが、「父も子も、国家の重恩を担っているのに、早く黄皓を斬らなかったために、敗北を招いてしまった。

生きていても、何の役に立とうか」といって、魏軍に突撃しました。

そして父と同じく、戦死しています。

諸葛瞻は、政治においては黄皓を排除できず、軍事においては成都を守れず、蜀の滅亡によって、評判ほどの人物でなかったことを示してしまったのでした。

諸葛瞻評

于宝うほうという史家は、「諸葛瞻には、危難を救うための智力も、敵を防ぐための武勇も不足していた。

しかし外は国家に背かず、内は父の志を裏切らず、忠孝を備えていた」と評しています。

鄧艾との戦いにおいては、要害を固めて守ることもせず、敗北したら軍勢を引かせて成都を守ることもせず、指揮官としての能力がなかったことをさらけ出しています。

この時、鄧艾の軍勢は物資が不足していましたので、緜竹で敗北しても、敗軍を束ねて成都の守備につけば、実は守り切れていたのでした。

総指揮官が前線に踏みとどまって戦死をしてしまったのは、壮烈ではあっても、軽率な行動だったと言えます。

結局のところ、才能があるとみなされていたのは表面的なことに過ぎず、諸葛亮が心配した通り、諸葛瞻は早熟で、その後はあまり成長していなかったようでした。

一方で、鄧艾の誘いを拒絶して、忠節を守ったことは評価されており、その点では、諸葛亮の名を貶めずにすんでいます。

子の諸葛京が取り立てられる

蜀の滅亡後、次男の諸葛けい河東かとうに移住させられました。

その後、才能によっての県令に任命されましたが、その治政が評判となり、やがて推薦を受けて東宮舎人しゃじん(皇太子の側近)になりました。

これには諸葛亮の孫だからということで、もっと重く用いるべきだという世論が、益州で巻き起こっていたことが影響したようです。

やがて諸葛京は、江州刺史しし(長官)にまで立身しました。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物