郤正 魏への降伏文書を作成し、劉禅に随行した蜀の文学者

スポンサーリンク

郤正げきせいは文章力に優れていた、蜀の学者です。

蜀が健在な頃にはさほど出世をしませんでしたが、魏に降伏する際に、その文書を作成する役目を果たしました。

そして劉禅が洛陽に向かう際に、単身で随行し、劉禅が失敗をしないように補佐し、その身分を安泰なものとします。

その働きが評価され、やがて巴西はせい郡の太守にまで立身しました。

この文章では、そんな郤正について書いています。

スポンサーリンク

河南に生まれる

郤正はあざな令先れいせんといい、河南かなん郡、偃師えんし県の出身でした。

祖父の郤険げきけんは霊帝の末年(189年)、益州の刺史しし(長官)となっています。

しかし税をでたらめに取り立てたために混乱を招き、盗賊の手にかかって殺害されました。

やがて天下が大乱にみまわれたために、父・郤しゅうはそのまま蜀に留まります。

そして郤揖は将軍・孟達の営都督となりましたが、孟達に従って魏に降伏し、中書令史(皇帝の秘書)となりました。

一人で暮らし、学問に励む

郤正は元の名は郤さんと言いましたが、改名しています。

若い頃に父が亡くなり、母が再婚をしたので、一人で暮らしを立てていました。

貧しかったものの、学問を好み、広く古典を読みこなします。

そして二十才の頃には巧みに文章を書けるようになっており、宮廷に仕えて秘書吏(上奏文の管理官)となりました。

そして秘書郎となり、やがて秘書令にまで昇進します。

郤正地図1

文学を好んでいた

郤正は名誉や実利には淡泊な性格で、文学に耽っていました。

司馬相如しょうじょ王褒おうほう・楊雄・班固・傅毅ふき・張衡・蔡邕さいようといった著名な学者の文章や辞賦をはじめ、当世の優れた書簡も含め、益州にあるものにはほとんど目を通し、研究するほどでした。

また、この頃には太子である劉せんの学問にも関わっていたようで、その様子について、学者の孟光から質問を受けたりもしています。

この時に郤正が「太子は世継ぎにふさわしく、忠孝の道を修めています」と形式的に返答をすると、孟光が「今は乱世なのだから、権謀や才知をこそ磨かなければならない」と述べ、郤正はそれに同意した、という逸話が残っています。

黄皓の隣に住んでいた

郤正は宮廷の役職について以来、宦官かんがん黄皓こうこうの隣に住んでいました。

黄皓は劉禅に取り入って政治の中枢に食い込み、腐敗させ、蜀を衰退させた張本人です。

郤正はその黄皓の隣に30年も住んでいたのですが、黄皓からは、気に入られもしなければ、嫌われもしませんでした。

そのため、官位は六百せき(中級)を越えることはなかったのですが、黄皓に告げ口をされるなどして、官職を追われることもありませんでした。

郤正はつまり、人畜無害な存在だったようです。

この頃に、能力がありながらもそれを充分に用いず、かといって黄皓に取り入って出世をし、人々に恩恵をもたらしもしないことを批判されました。

郤正はそれに対し、文章を書いて自分の考えを明らかにしたのですが、かなりの長文なので、最後に紹介します。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物