劉琰 蜀の高官となって贅を尽くすも、妻の不貞を疑って処刑される

スポンサーリンク

劉琰りゅうえんは劉備や劉禅に仕え、蜀の高位に上った人物です。

しかし取り立てて仕事はせず、劉備や諸葛亮の話し相手になっただけでした。

やがて魏延といさかいを起こし、泥酔して偽りを述べたので、諸葛亮に問責されました。

すると諸葛亮に平謝りをして許されましたが、後に妻と劉禅の私通を疑い、罪に問われて処刑されています。

この文章では、そんな劉琰について書いています。

スポンサーリンク

魯国に生まれる

劉琰はあざな威碩いせきといい、国の出身でした。

魯国は州にあり、劉備が同地の刺史しし(長官)だった頃に、召し出されて従事(側近)になります。

同じ劉氏の出身であり、風流を理解し、談論が上手だったので、劉備から親しまれ、厚遇を受けました。

この後、劉備は各地を転々としますが、劉琰はそれに随行し、つねに賓客として側にありました。

蜀の高位につく

やがて劉備は益州を平定しましたが、劉琰はこの時に固陵太守に任命されます。

そして劉禅が即位すると、都郷候の爵位を与えられました。

そして位は重臣である李厳の次席となり、衛尉・中軍師・後将軍という高位を得ています。

さらに車騎将軍(軍の上から三番目の地位)にも昇進しました。

しかし国政には関わらず、一千人あまりの兵士を部下に持っていましたが、仕事といえば、諸葛亮に随行し、批評や議論をするだけでした。

地位が高まっても、劉備に随行していた時と、やることは変わっていなかったのです。

劉備に気に入られており、古株だったので高い地位についただけで、特に能力が評価されていたわけではないようでした。

劉琰地図

贅沢にふける

こうして地位が高まった劉琰は、贅沢をしはじめました。

車馬や衣服、飲酒はいずれも豪勢で、召使い数十人はいずれも歌がうまく、音楽が得意でした。

そして全員に『魯霊光殿の』という、王延寿おうえんじゅが宮殿の華美と荘厳さを称えた見事な詩を教え、暗唱させました。

このようにして、劉琰はその立場を、優雅な生活をすることに費やしたのです。

蜀と諸葛亮はこの時期、漢の復興のために力を尽くしていたわけですが、このような劉琰の態度は、おそらく好ましいものとは見られていなかったでしょう。

諸葛亮に詰問され、陳謝する

232年になると、劉琰は漢中で前軍師の魏延と不仲になり、でたらめを述べたので、諸葛亮に詰問されました。

すると劉琰は、諸葛亮に文書を送って陳謝します。

「わたくし劉琰は天性、中身のない人間で、素行が悪い上に酒乱の癖があります。

先帝(劉備)の代から物議をかもしており、危うく破滅するところでした。

明公との(諸葛亮)は、私の国家を大事に思う一心によって、私の中にあるけがれを許してくださいました。

そうして私を支えて救ってくださったおかげで、俸禄や官位を保って今日に至りました。

先日は泥酔をして、誤ったことを申し上げました。

それを慈恩によって忍んでくださり、司直の手に委ねられることもなく、私の身をまっとうさせ、命を保ってくださいました。

必ず己にち、自分を責め、過失を改めて命を捧げると、神霊に誓います。

ご命令がなければどこに行ってよいかわからず、顔向けもできません」

諸葛亮はこの弁明を受け入れ、成都に帰還はさせたものの、官位はそのままに据え置くことにしました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物