張遼 呂布や曹操に仕え、合肥の戦いで活躍した猛将の生涯

張遼ちょうりょうは呂布や曹操に仕えた将軍です。

武勇によって取り立てられ、各地の賊の討伐で活躍しました。

合肥がっぴが孫権の率いる十万の大軍に攻められた際には、わずか八百人の兵で果敢に立ち向かい、思う存分にけちらして、孫権軍の士気をくじいています。

その後も呉への抑えとして用いられ、曹丕から大変な厚遇を受けました。

この文章では、そんな張遼の生涯を書いています。

張遼
【張遼の肖像画】

并州に生まれる

張遼はあざな文遠ぶんえんといい、へい州の雁門がんもん郡、馬邑ばゆう県の出身です。

生年は165年か、169年だと言われています。

先祖は聶壱じょういつという富豪でしたが、彼は紀元前133年に、前漢の武帝の密命によって、匈奴きょうどという異民族をだまし討ちにしようとしたことがありました。

しかしこれを匈奴の単于ぜんう(王)に察知され、失敗します。

この結果、聶壱は匈奴に恨まれるようになったので、姓を「張」に変えた、という逸話がありました。

丁原に見いだされ、何進に仕える

張遼は若い頃、郡の官吏をしていました。

武力が人並み外れて優れていたため、やがて并州刺史しし(長官)の丁原ていげんに見いだされ、その従事(幕僚)となります。

そして丁原の命によって、兵を引きつれて都におもむき、大将軍・何進かしんに仕えるようになりました。

このような経緯で、張遼は北方の辺境から、中央の情勢に関わるようになります。

何進が暗殺される

この頃、朝廷では宦官かんがんと役人たちの抗争が激化しており、何進は宦官を排除しようとする勢力の頂点に立っていました。

何進は宦官たちを圧迫するため、兵を都の周辺に集めようとします。

こうした動きの中で、張遼は河北かほくにおもむき、募兵する役目を任されました。

張遼は首尾よく千人の兵を集めて帰還したのですが、その時には何進が宮中で暗殺されてしまっていました。

丁原も殺害され、董卓に仕える

その後、都の周辺では、何進に召喚されて并州から登ってきた丁原と、涼州から登ってきた董卓が、それぞれに軍勢を展開するようになります。

やがて董卓は丁原を排除するため、彼の部下である呂布を勧誘しました。

そして呂布に丁原を殺害させ、その軍勢を吸収します。

この結果、都の周辺では董卓だけが軍勢を保有する状況となり、それを活かして朝廷を乗っ取ってしまいました。

こうして丁原と何進、二人の上司を失った張遼は、ひとまず董卓に仕えることにしました。

元の上司を殺害した相手に仕えたわけですが、他に行き場もなく、状況からするとやむを得ない選択だったと言えるでしょう。

張遼は強いものの、混乱に乗じて自分の勢力を旗揚げしようとするような、独立心が強い人物ではなかったのでした。

呂布に仕える

やがて董卓は、東方から袁紹や曹操らの連合軍に圧迫されるようになり、洛陽から長安に都を移しました。

しかしそこでも暴政を行ったので、朝廷の人々からの反発が高まり、ついに呂布の手によって殺害されます。

呂布は、元は丁原の主簿(副官)であり、張遼とは同僚の間柄でした。

呂布はその丁原と董卓と、次々に主を殺害しましたが、張遼は彼の配下となり、騎都尉きとい(騎兵隊長)に昇進しています。

やがて呂布が董卓の元部下である李確に打ち破られ、長安から逃亡すると、張遼はそれに従い、ともに徐州まで流れて行くことになりました。

曹操に仕える

呂布が劉備から徐州を奪うと、張遼は重用され、国の相(統治者)や北地の太守に任命されています。

呂布は并州出身者や、血縁者を重用する傾向にありましたので、その影響があったのでしょう。

この頃には、劉備の部下が呂布の馬を奪い取る事件が起き、このために張遼は劉備の拠点である小沛しょうはいを攻撃した、という記録があります。

そして劉備を敗走させ、徐州を完全に呂布のものとしました。

しかし呂布は、やがて討伐にやってきた曹操に敗れて処刑され、張遼はまたしても主君を失ってしまいました。

行き場がなくなった張遼が曹操に降伏すると、中郎将ちゅうろうしょうに取り立てられ、関内かんだい候の爵位も与えられます。

これは張遼の武勇が高く評価されてのことでした。

こうして張遼は、丁原、何進、董卓、呂布、曹操と、次々と上司や主君が変わっているのですが、戦乱の時代と言え、これほどまでに変転の激しい人間は、なかなか珍しいと言えます。

張遼が不実な人間だったからそうなったわけではなく、それほど権力の移り変わりが激しい時期だったからだと見た方が、正しいでしょう。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、8月8日〜16日の間は299円のセール価格で販売しています。
kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物