劉璋 劉備に益州を奪われた、善良なれど無能な人物の生涯

スポンサーリンク

劉璋りゅうしょうは後漢末期において、益州に割拠していた人物です。

とは言っても、父・劉えんの後を継いで以来、次々と反乱が発生しており、その統治は不安定なものでした。

これは劉璋が優柔不断で、部下を統率する能力が欠けていたことによります。

やがて劉璋は益州を守るために劉を招きますが、裏切られ、領地を全て奪われてしまいました。

それをきっかけに劉備は勢力を拡大し、三国時代が現出することになります。

この文章では、そんな劉璋の生涯を書いてみます。

【劉璋の肖像画】

スポンサーリンク

劉焉の四男として生まれる

劉璋はあざな季玉きぎょくといいます。

益州で独立割拠した、劉焉の四男として誕生しました。

生年は不明ですが、若い頃から皇帝の側近くに仕えています。

これは劉璋の家系が、の恭王・劉の血を引いており、王族の一員だったためでした。

兄たちと共に献帝に仕える

劉璋は都において、奉車都尉ほうしゃといという地位にありました。

これは皇帝の御車を管理し、外出に随行する役目です。

劉璋はそのような立場で、長安の献帝に仕えています。

また、長兄の劉はんは武官として、次兄の劉たんは文官として、それぞれ朝廷に出仕していました。

しかし当時の献帝は、董卓とうたくとその部下たちに擁立された存在で、立場は不安定なものでした。

このため、側近である劉璋たちの身分もまた、安泰ではなかったのです。

父の元を訪れ、そのまま益州に留まる

父の劉焉は、後漢の実力が衰えたのを見ると、地方に出て独立割拠し、いずれは自分が皇帝にならんとする野心を抱くようになりました。

そして益州を支配下に収めると、朝廷との連絡をおろそかにし、不遜な態度を見せるようになります。

これを憂いた献帝は、劉焉が病にかかったと知ると、劉璋を益州に派遣しました。

そして劉璋に見舞いがてら、劉焉をいさめさせようとします。

しかし劉焉は劉璋がやって来ると、そのまま益州に留まらせ、都には戻らせませんでした。

劉焉はこのころ、朝廷への反乱に加担するつもりになっていましたので、戦いの舞台となる都から、劉璋を切り離しておきたかったのでしょう。

劉璋は温厚で、荒事には向かない性格でした。

反乱に失敗し、兄たちが処刑される

劉焉は涼州に勢力を持つ馬騰ばとうと手を組み、益州の兵を動かし、長安を襲撃する計画に参加しました。

そして長男の劉範に益州の兵を預け、馬騰とともに進軍させます。

しかしこの計画は、朝廷を支配する李確りかくに察知されており、失敗に終わりました。

劉範は逃亡したものの捕縛され、弟の劉誕とともに処刑されます。

この結果、劉焉は二人の息子を、劉璋は二人の兄を失うことになったのでした。

龐羲が一族を連れ帰るも、劉焉は病死する

こうして劉焉の一族は危機を迎えましたが、かねてより交際のあった龐羲ほうぎと言う人物が、劉璋らの子どもたちを、益州まで連れてきてくれました。

このために劉璋は龐羲に大変に感謝し、やがて重用するようになります。

一方で父の劉焉は、息子二人を失い、災害によって居城が焼失したことで、ひどく気落ちしました。

それが原因で背中に悪性の腫れ物ができ、間もなく死去してしまいます。

このようにして、三男の劉ぼうと、四男の劉璋が後に残されることになりました。

劉焉の後継者となる

この時に、劉焉の重臣であった趙韙ちょういは、劉璋の方が温厚なため、扱いやすいだろうと判断します。

そして、そのような劉璋の性質を利用して、自分の権益を拡大しようと企んだのでした。

こういった事情によって、趙韙は他の重臣たちと共同し、劉璋を益州刺史しし(長官)に推薦します。

反逆を抑える

劉璋が益州の統治を始めたころ、朝廷は扈瑁こぼうという男を益州刺史に任命していました。

朝廷は当初、劉璋に益州を預けるつもりはなかったのです。

劉璋は反乱に加担した劉焉の子でしたので、もっともな措置だったと言えるでしょう。

このため、扈瑁が益州北部の漢中に入ると、変事が発生します。

益州に隣接するけい州は、親族の劉表が支配していました。

彼は益州にも勢力を伸ばそうと思い、沈弥しんぴ甘寧かんねいといった益州の将軍たちを勧誘し、扈瑁に寝返らせました。

すると彼らはこぞって反乱を起こし、劉璋に攻撃をしかけてきます。

この時、劉璋と趙韙は協力して反乱軍を撃退し、荊州に追い出しました。

そして劉璋は趙韙を東に派遣し、劉表に反撃をさせ、州の境界に駐屯させます。

こうして劉璋は益州を何とか保ったものの、その統治は当初から、波乱含みなものとなりました。

益州牧となる

劉璋が反乱を抑えると、朝廷は態度を変え、劉璋を益州ぼく(長官)に、趙韙を征東中郎将ちゅうろうしょう(上級指揮官)に任命し、劉表を討つように命じます。

こうして劉璋は末弟でありながら、劉焉の後継者の地位を、正式に獲得したのでした。

兄の劉瑁がこれをどう思ったのかは、史書には書かれていません。

やがて精神を病んで亡くなっていますので、弟に地位を取られたことに、傷ついたのかもしれません。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史 その他の勢力
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物