劉放 魏滅亡のきっかけを作った皇帝の側近

スポンサーリンク

劉放は曹操、曹丕、曹えいに仕えた魏の重臣です。

皇帝に取り入るのがうまく、それによって大きな権力を握るに至りました。

そして曹叡が亡くなる際に、次の皇帝の補佐役に、曹そうと司馬懿を推薦したことによって、魏が滅亡に至るきっかけを作っています。

この文章では、そんな劉放について書いています。

涿郡に生まれる

劉放はあざな子棄しきといい、幽州の涿たく郡の出身です。

漢の広陽順こうようじゅん王の子・劉こうの子孫で、王族の一員でした。

特に関わりがあるわけではありませんが、涿郡の出身で、王族だったというのは、劉備と同じ経歴です。

劉放は郡の綱紀(重役)になってから、孝廉こうれんに推挙され、中央に出ています。

劉放地図

王松に身を寄せる

やがて董卓が台頭し、戦乱の世になると、劉放は幽州の漁陽ぎょように勢力を築いた王松おうしょうに身を寄せました。

それから時が流れ、曹操が袁紹を打ち破って州で勝利すると、劉放は王松に進言します。

「以前、董卓が反乱を起こすと、各地で英雄たちが決起しました。そして勝手なふるまいをするようになり、それぞれが勢力を拡大しようと図ってきました。

その中で曹公(曹操)だけが危機を救い、天子(皇帝)を支え、天子のお言葉を受けて罪人たちを討伐し、戦えば必ず勝利を得ています。

強大な袁紹や袁術であっても、守勢になれば淮水わいすいで水のように消え、立ち向かえば官渡で大敗しました。そしていま、曹公は河北を討伐しようとしており、その武威は響き渡っており、大勢はすでに決しています。

こういった時には、早いうちに帰順した者は幸福を得られますが、後から服従すると、やがて滅亡することになります。ですので、一日が終わるのを待たずに、駆けつけた方がよいでしょう。

その昔、英布えいふは南面を捨て、剣を杖にして漢に身を寄せました。これは興亡をわきまえ、正しい去就を選択したのだと言えます。将軍は曹公に一身を投じて命を預け、堅固な結びつきを作ろうとされるべきです」

すると王松は、この意見に賛同します。

曹操に招聘される

このころ、曹操は南皮にいた袁譚えんたん(袁紹の長男)を討伐していました。

そして文書を送り、王松を招き寄せようとします。

すると王松は雍奴ようど・泉州・安次あんじなどの領地を曹操に譲り、服属することにしました。

劉放はこの時、曹操に王松からの返書を作成しましたが、その文章はとても流麗なものでした。

曹操はそれに感心しましたが、加えて劉放が曹操に従属するように進言したという話を聞き、劉放を招聘することにします。

二〇五年に、劉放は王松とともに都に向かいました。

曹操は劉放を迎えて喜びを表し、次のように言います。

「その昔、竇融とうゆうに従っていた班彪はんぴょうには、竇融に漢に仕えるようにと勧めた功績があった。この結果、河西は漢の領地になった。なんとも似ていることよ」

そして劉放を参司空軍事としました。

劉放はやがて県令を歴任し、地方官として務めています。

孫資とともに地位が高まっていく

その後、曹操の権勢が増していくと、魏国が建てられ、曹操は魏王になりました。

すると劉放は、孫資そんしとともに秘書令になります。

やがて曹丕が魏の皇帝に即位すると、劉放と孫資は尚書令の左右の丞(副官)となり、地位が高まりました。

曹丕は秘書を中書という名称に改めましたが、劉放を中書監に、孫資を中書令に任命し、それぞれに給事中の位階を与えました。

これは皇帝の側近として、政策の決定に関与する重要な地位です。

そして劉放は関内かんだい侯、孫資は関中候の爵位をも与えられました。

ついで、劉放は魏寿ぎじゅ亭候から西郷候に、孫資は関内侯から楽陽亭候に爵位が上がり、曹丕から寵愛を受けていたことがうかがえます。

彼らは特別に能力が秀でていたわけではないのですが、権力者に気に入られるように立ち回るのが、得意だったのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物