劉放 魏滅亡のきっかけを作った皇帝の側近

補佐役の採用に意見を述べる

やがて曹叡は病に倒れましたが、後継者の曹ほうはまだ幼かったので、重臣たちを補佐役として残すことにします。

曹叡は初め、燕王の曹を大将軍に任命し、夏侯献、曹爽、曹ちょう秦朗しんろうらと一緒に、補佐役に任じようとしました。

しかし曹宇は謙虚な性質の持ち主だったので、これを固辞します。

このため、曹叡は劉放や孫資を呼び、寝室に入れて質問をしました。

「燕王はどうしてあのようにふるまうのだろうか」

劉放と孫資は「燕王は大任を引き受けきれないと、自らわきまえておられるのです」と答えます。

すると曹叡は「ならば曹爽を曹宇にかえようと思うが、どうか?」とたずねました。

劉放と孫資がこれに賛同し、加えて太尉たいい(国防大臣)の地位にある司馬懿を召喚し、皇室を支える柱にすえるべきだと主張します。

曹叡はこれを受け入れ、すぐに黄色の紙を劉放に与え、詔勅を作成させました。

曹爽と司馬懿が権勢を握る

劉放と孫資が退出すると、曹叡の気持ちが変わり、司馬懿をこちらに呼んではならないと詔勅を下します。

それからもう一度、劉放と孫資に会い、「わしは太尉を召し寄せたいと思ったのだが、曹肇たちが反対したので、やめることになってしまったのだ」と告げました。

そして改めて詔勅を作るように命じ、今度は曹爽だけを呼び寄せ、劉放と孫資とともに命令を受けさせます。

一方で、曹宇、夏侯献、曹爽、曹肇、秦朗らを免官して遠ざけました。

この後で曹叡は亡くなりましたが、この結果、魏の実権は曹爽と司馬懿が握ることになります。

事態の背景

劉放と孫資はかねてより、曹肇たちとうまくいっていませんでした。

このために彼らを政治から遠ざけ、仲の良い曹爽や司馬懿らが用いられるように働きかけたのです。

劉放らは曹肇らの悪口を病床の曹叡に吹き込み、その意志をねじ曲げたのでした。

次代になると、曹爽はやがて増長するようになり、政治を壟断し、司馬懿から実権を奪い取りました。

しかし司馬懿の逆襲を受けて一族郎党が皆殺しにされ、曹氏の勢力が大きく傾きます。

これによって、やがて魏が滅亡する流れが形成されていくことになります。

つまり劉放と孫資は、皇帝の寵愛を受けながらも、その国が傾くきっかけを作ったのでした。

その後も地位が高まる

曹芳が即位すると、劉放と孫資は枢機に参画したことを理由に、三百戸を加増されます。

そして劉放の子の一人が亭候に取り立てられ、次子が騎都尉きといに、他の子が郎中(宮廷官)になるなどし、一族が栄えました。

二四〇年になると、劉放が左光禄大夫に、孫資が右光禄大夫になり、さらに金印紫綬・儀同三司ぎどうさんしを与えられます。

これらは宰相の待遇を意味します。

二四五年には、劉放は驃騎ひょうき将軍に、孫資はえい将軍になり、軍権まで持つようになりました。

両者には軍事的な実績はありませんでしたが、それでもこの待遇を受けたことから、朝廷でよほどに尊重されていたことがうかがえます。

やがて両者とも、年老いたので退官しましたが、その際に特進(大臣に次ぐ地位)を与えられました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物