司馬朗 各地で善政をしいた司馬懿の兄

司馬朗しばろうは曹操に仕え、地方官として活躍した人物です。

後に晋王朝の祖となった、司馬の兄です。

司馬朗は曹操に招聘されると、各地で地方長官を務めます。

そこで善政をしいたので、民に慕われ、人格者として名声を得ました。

軍中に疫病が流行すると、自ら薬を兵士たちに渡すなどしていたわりましたが、やがて自身も病にかかってしまい、死去しています。

この文章では、そんな司馬朗について書いています。

温に生まれる

司馬朗はあざな伯達はくたつといい、河内郡・おん県の出身でした。

一七一年に誕生しています。

祖父も父も地方の長官を務めており、代々漢に仕えてきた家柄です。

司馬朗は長男として生まれ、弟には司馬懿がいました。

司馬朗地図

幼くして才気を示す

司馬朗が九才の時、彼の父の字をそしる者がいました。

すると司馬朗は「他人の親を馬鹿にする人は、自分の親を尊敬しない人です」と指摘します。

そしった者はこれを聞くと、司馬朗に謝罪しました。

やがて十二才になった時、司馬朗は経書の試験を受け、童子郎になります。

この時、試験監督は司馬朗の体が大きく立派だったので、年齢を偽っているのではないかと疑いました。

司馬朗は「私の父方も母方も、いずれも親類たちがみな大柄なのです。私は幼弱ではありますが、無理に出世したいとは望んでいません。年齢を偽って早成を願うのは、私の望むところではありません」と答えます。

これを聞いた試験監督は、司馬朗には見どころがあると思いました。

このように、司馬朗は若くして聡明なところを示していたのでした。

李邵に助言する

やがて董卓が台頭すると、関東は戦乱にみまわれるようになります。

もと冀州の刺史(長官)だった李邵りしょうは、野王やおうで暮らしていたのですが、険しい山地に近いところだったので、もっと暮らしやすい温に引っ越したいと考えていました。

これを聞いた司馬朗は、李邵に告げます。

「唇が滅ぶと歯が危うくなる、という比喩がありますが、これはただ春秋時代のかく(いずれも国名)だけにあてはまる話ではありません。温と野王の関係も同じです。

いま、野王を去って温に移住しても、それは朝に滅亡するはずだったのを、夕方に伸ばしたというだけのことです。

あなたは国の人々の期待を背負われている方です。いまあなたが安全を求め、賊たちが来ないところに移住しようとすると、山の近くに住む者たちは、きっとあわてふためくでしょう。

これは民の心を動揺させ、悪事が発生しやすい状況を招くことにつながります。郡の治安のために、このことを心配しています」

しかし李邵は司馬朗の意見を聞き入れず、温に移りました。

すると司馬朗が危惧した通り、山沿いの地域の住民たちが動揺して内地に移住し、盗賊になって各地を荒らし回る者たちが増えてしまいました。

董卓の追求を逃れる

董卓は関東で反抗する勢力が強まると、皇帝を長安に移住させ、遷都することにします。

司馬朗の父・司馬ぼう治書御史ちしょぎょし(法務官)の地位にあったので、長安に移らなければならなくなりました。

しかし各地が乱れていることから、司馬朗に命じ、家族を連れて郷里に帰らせることにします。

すると、司馬朗が逃亡するつもりなのだと密告する者が現れ、捕縛され、董卓のもとに引き出されてしまいました。

董卓は司馬朗に「卿は死んだ我が子と同じ年齢だそうだな。それなのに、もう少しで裏切られてしまうところだった」と言います。

この危機的な状況において、司馬朗は次のように申し述べました。

「公は世俗を越えた徳を備えられ、困難な時代に遭遇されましたが、汚れを清められ、広く賢士を取り立てておられます。

これは無私な心によって考えをめぐらせているからで、近いうちに乱は収まり、平和な時代が訪れるでしょう。

ご威光と徳は盛んで、功業は明らかでありますのに、毎日のように戦いが起こり、州郡は乱れ、民は心を落ち着けて生業に励むこともできず、財産を放り出し逃げ隠れています。

各地の関所で逃亡を取り締まり、重く刑罰を課しても、なお完全に防ぐことはできません。これこそが、私が気を病んでいることです。

どうか公は過去の出来事を考慮し、いま少し慎重にご判断なされてください。そうすれば、栄ある名は日や月とともに輝き、伊尹いいん周公しゅうこうですらも、比較できないほどの存在になられるでしょう」

(伊尹と周公は、いずれも王を補佐して優れた事績を残した宰相たちです)

董卓は「わしもそれには気がついている。卿の言葉はもっともだ」と答えました。

こうして、司馬朗は董卓を称賛しつつ、いさめる態度を見せることで、董卓から危害を加えられることを避けたのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物