秦宓 隠者に憧れるも、文才によって世に顕れた蜀の学者

スポンサーリンク

秦宓しんみつは蜀に仕えた学者です。

弁論と文章に優れており、隠者の生活を好んでいたものの、やがて招聘を受けて仕官しました。

そして諸葛亮から側近に抜擢され、呉の使者と当意即妙のやりとりをして、蜀の学者の能力の高さを示しています。

この文章では、そんな秦宓について書いています。

スポンサーリンク

緜竹に生まれる

秦宓はあざな子勅しちょくといい、益州の広漢郡、緜竹めんちく県の出身でした。

若い頃から才能と学問があり、州や郡から招聘を受けましたが、いつも病だと称して出仕しませんでした。

秦宓は出世や俸禄といった、現世的な価値を重視しない人柄だったようです。

任安を推薦する

一方において秦宓は、任安じんあんという優れた儒学者を、州牧(長官)の劉焉りゅうえんに推薦しています。

「その昔、百里奚ひゃくりけい蹇叔けんしゅく(秦に仕えた学者たち)は老人であったにも関わらず、国策を定めました。

甘羅かんら范子奇はんしき(戦国時代の人)は年少だったにもかかわらず、功業を立てました。

だからこそ『尚書』では白髪をほめ、『えき』では若い顔淵がんえん(孔子の高弟)が称賛されています。

人士を選び、有能な者を起用するには、長幼にこだわるべきでないことは、明らかです。

以前から、国内で推挙される人物は、英傑が多いのですが、老人は置き去りにされています。

これに関しては、衆論は一致せず、賛否が半ばしています。

これは平和な時代のやり方であり、いまの乱世に適したやり方ではありません。

危急を救い、混乱を鎮め、我が身を整えて人心を安んじようとするのなら、卓越した才能を抱き、倫理を超え、時勢とおもむきを異なるものにし、隣国を震え上がらせ、四方をゆさぶり、上は天の心にかない、下は民の意にそうようにしなければなりません。

天と人が和合し、内面を顧みてやましいところがないのであれば、凶乱に遭遇しようとも、何を憂い、恐れることがあるでしょう。

昔、楚のしょう公が龍の絵を好んだため、神龍が彼の元に降りてきました。

偽物を愛好してさえ、天に思いが届くのです。

ましてや、真物だったらどうでしょう。

いま、処士の任安は、仁義とまっすぐな道によって、その名声ははるかな遠方にまで知れわたっています。

任用をなされば、州民のすべてが心服するでしょう。

昔、いんとう王が伊尹いいんを登用すると、不仁の者は遠ざかりました。

漢の何武かぶ襲勝きょうしょうと襲舎を朝廷に推薦したところ、二人はともに竹帛ちくはく(歴史書)に名を残しました。

それゆえに、尋常の高さに心を奪われ、万じんの崇高さを無視し、目の前の装飾を楽しみ、天下の誉れを忘れることを、昔の人は慎みました。
(「仞」は高さの単位で、1仞は約184cmです。万仞は「とてつもない高さ」を意味します)

初めは石にのみを入れて玉を求め、貝を開けて真珠を得ようと望んでおられたでしょうが、いま隋候の珠、和氏のたまが、そこで太陽のように光り輝いています。

何を迷われることがありましょう。

真昼に燭台を灯さないのは、太陽にありあまるほどの光があるからです。

ただ、私の心が落ち着かないので、愚かな思いをまとまりもないままに、申し上げています」

任安は秦宓と同じく広漢の人で、若い頃に都に上り、学問を極め尽くした秀才でした。

そして州や朝廷から招聘を受けたものの応じず、故郷で後進の指導にあたっています。

このことから、秦宓と似た人物だったと言えます。

この秦宓の申し出を受け、劉焉もまた「任安は国家の大宝です」として朝廷に推挙しましたが、すでに乱世となっており、交通が途絶えていたために、招聘の命が届くことはありませんでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物