征東将軍とは 三国志では張遼や曹休が就任

征東せいとう将軍は後漢や三国時代の官職です。

「東を征する」の名の通り、大陸の東部を担当した方面司令官でした。

他に征北、征西、征南将軍も存在しており、合わせて四征将軍とも言われます。

征東将軍は寿春に駐屯することになっており、青州、えん州、徐州、揚州の四州が担当地域でした。

常設ではなく、この方面に敵が現れた際に任命され、討伐するのが役目でした。

使持節という独立した指揮権を持っており、担当した地域では大きな権力を持っています。

そして長史や司馬といった幕僚を、独自に任命する権限も持っていました。

現代で言えば大将にあたる高い地位です。

平穏なうちは任命されませんでしたが、戦乱の時代になると、曹操や曹丕が任命するようになりました。

三国志では

張遼

有名なところでは、張遼が就任しています。

【魏随一の猛将として恐れられた張遼】

張遼は215年に、合肥がっぴが孫権の率いる10万の大軍に攻めこまれた際に、防衛戦に参加しました。

張遼はこの時、八百人の志願兵を引きつれて孫権軍に先制攻撃をしかけ、手鼻をくじくことにします。

先頭を駆けて孫権軍に突入すると、自ら敵兵を数十人、将校を二人切り倒し、大きな戦果をあげました。

張遼の軍勢は半日にも渡って暴れ回り、孫権軍をすっかりと意気消沈させ、防衛を成功に導いています。

曹操はこの抜群の戦功を称賛し、張遼を征東将軍に任命しました。

曹休

その他には、曹操の甥の曹休も就任しています。

曹休は軍事に関してなかなかの才能があり、曹氏の一族だったことから、取り立てを受けました。

孫権が歴陽に大将を派遣すると、これを襲撃して打ち破っています。

また、長江を渡って孫権軍の陣営を焼き打ちし、これらの功績によって曹丕から征東将軍に任命されました。

(張遼はこの頃、前将軍になっています)

その後、曹丕は孫権を討伐するにあたり、曹休を征東大将軍に昇進させ、張遼など二十数軍を指揮下に入れました。

曹休は孫権の将・呂範を撃破するなど、呉に対する戦いでたびたび戦功を立てています。

 

このように征東将軍は、主に魏が呉を攻撃する際の将軍位として用いられました。

日本の征東将軍

ところで日本にもかつて、征東将軍、および征東大将軍の地位が存在していました。

古代

最も古いのは、「倭の五王」の一人、武王です。

502年にりょうという、中国の王朝から任命された記録が残っています。

ちなみに百済くだらという朝鮮半島にあった国の王が、鎮東大将軍に任命されています。

東に存在する国々の王に対し、梁は将軍位を授けることで、影響下に置いていたのでした。

この武王が大和朝廷や天皇と直接関係があるのかどうかは、はっきりとしていません。

平安時代

その後、平安時代になると、朝廷によって征東将軍が任命されています。

これには歌人として知られる大伴家持やかもちが、784年に就任しました。

そして蝦夷えみし征伐の責任者となり、陸奥むつ国の多賀に郡を設置し、支配権を強化することを提言しています。

就任の翌年に亡くなったので、実際に戦場に出ることはありませんでした。

その後は紀古佐美きのこさみが788年に征東大将軍となり、蝦夷の征伐におもむきます。

しかし蝦夷を率いる阿弖流爲あてるいと衣川で戦って大敗を喫し、軍を解散して帰京しました。

蝦夷の征伐は、征夷大将軍となった坂上田村麻呂が達成しています。

源義仲

その後も戦乱が発生するたびに、征東将軍は何度か任命されています。

有名なところでは源平の争乱のころに信濃で挙兵し、平家を追い出して京を制圧した源義仲が、1184年に就任しました。

しかし義仲の部下や同盟軍の者たちが京で乱暴狼藉を働いたため、義仲の評判はひどく悪化していきました。

これが原因となり、やがて源頼朝によって京から追われます。

その後、頼朝が大将軍の位を朝廷に請求するのですが、征東大将軍は義仲の前例があり、縁起が悪いという理由で、1192年に征夷大将軍が授けられることになります。

そして頼朝が鎌倉に幕府を開いたことで、「将軍=征夷大将軍」として定着していきますが、これは義仲の評判の影響があってのことだったのでした。

足利尊氏

やがて、1333年には鎌倉幕府も滅亡しますが、1335年に北条氏の残党が反乱を起こし、鎌倉を占拠する事件が発生します。

この時に足利尊氏は、反乱を討伐をするために征夷大将軍への任官を求めましたが、後醍醐天皇は許可しませんでした。

このため、尊氏は勅許を得ないまま出陣し、天皇はやむなく征東将軍の地位を与えることで追認しています。

頼朝が征夷大将軍になって幕府を開いた前例がありましたので、尊氏が同じ事をするのではないかと、天皇は警戒したのでした。

このように日本では、征東大将軍は征夷大将軍と並び立ち、政治的な駆け引きの中で任命されることが多い地位となりました。

スポンサーリンク
用語集 官職 三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物