簡雍 劉璋を降伏させた、飾り気のない外交官の生涯

スポンサーリンク

簡雍かんようあざな憲和けんわといい、幽州のたく郡の出身でした。

劉備と同郷で、二人は若い頃からの知り合いです。

184年に黄巾の乱が発生し、劉備が挙兵すると彼についていき、一緒に三十年あまりも、各地を転々とすることになりました。

といっても戦場に出たわけではなく、劉備の友人として話し相手になりつつ、各地への使者を務めました。

簡雍は弁が立ったので、外交的な役割を担ったのです。

スポンサーリンク

簡雍の本名

ところで、彼のもともとの姓名はこう雍でした。

しかし幽州の人は「耿」を「簡」と発音したので、そのまま発音に従って姓を変えたのです。

このように、簡雍はものごとにこだわらない性格の人だったのでした。

劉備の従事中郎となる

やがて劉備が荊州におもむくと、その時の劉備の官職であった、左将軍の従事じゅうじ中郎ちゅうろうに任命されます。

従事中郎は将軍の側近の地位でしたが、この身分をもって、外交官として働いたのでした。

劉備は公孫瓚、陶謙、曹操、袁紹、劉表と、各地の群雄の元を渡り歩きましたが、それゆえに、各勢力とつながりを作る上で、簡雍のような存在は重要な意味を持ちました。

このため、他にも孫乾そんけん糜竺びじくなどが同様の役目を務め、劉備に付き従っています。

劉璋を降伏させる

劉備が益州に攻めこむと、簡雍はその平定において、重要な役割を果たすことになります。

214年に劉備は成都を包囲し、領主の劉璋を追いつめました。

この時、まだ成都には3万の兵士と1年分の食糧があり、抵抗しようと思えば、まだまだそれが可能な状況にありました。

劉備は勇名を知られる馬超を傘下に収め、軍勢を与えて成都に駆けつけさせ、劉璋を圧迫します。

その一方で簡雍を成都に送り、劉璋に降伏を勧める役目を任せました。

簡雍は劉璋に会うと、のびのびとした態度で見事な論を展開し、劉璋に降伏を納得させます。

この時に劉璋が降伏したら、彼の身分と一族を守ると約束をしました。

劉璋は簡雍を信用し、同じ輿こしに乗って城を出て、劉備に降伏を申し入れています。

降伏を勧めにいって、それまで敵対していた相手に信頼されるのは容易なことではなく、簡雍が使者として優れていたことがわかります。

【簡雍に説得されて降伏した劉璋】

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物