征西将軍とは 三国志では馬騰や夏侯淵が就任

征西せいせい将軍は中国の官職です。

後漢や三国時代に設置されていました。

征西は「西を征する」の意味で、後漢の西部で反乱が起きた場合に、それを征伐する役目を担っていました。

このため、敵がいない時期には設置されず、必要に応じて任命されています。

使持節という、独立した指揮権と一緒に任命されることが多く、方面司令官としての権限を有していました。

長安に駐屯し、担当地域はよう州と涼州でした。

長史(副官)や司馬(監察官)などの属官を任命する権限を持っており、大将軍や車騎将軍など、最上位の将軍に次ぐ立場です。

現代で言えば大将にあたります。

後漢が安定してた時代にはほとんど任命されませんでしたが、末期になると反乱があいついだため、征西将軍も任命されるようになりました。

三国志では

馬騰

後漢の末期には馬騰ばとうが任命され、涼州に駐屯して勢力を持ちました。

董卓が暗殺された後、李確たちが長安を制していた時期には、これを襲撃して朝廷の支配権を奪おうとしたこともあります。

やがて馬騰は年老いたので、長男の馬超に指揮権を継承させ、曹操の招きに応じて都に移住します。

しかしその後、馬超が曹操に対して反乱を起こしたため、馬騰は曹操に捕らえられ、処刑されてしまいました。

馬超が自称する

その馬超は、曹操と渭水いすいで果敢に戦いますが、最終的には敗北して涼州に逃れました。

【10万の兵を集めて曹操に反抗した馬超】

そして自らが血を引くきょう族の援助を受けて再起し、涼州を制圧します。

この時に馬超は征西将軍を自称しましたが、これは正式な任官ではありませんでした。

馬超はやがて涼州の曹操側の武将の策にだまされ、本拠地を失います。

そして漢中に逃れて張魯から兵を借り、再び涼州に攻めこみますが、夏侯淵に敗れて涼州から追い出されています。

漢中でも煙たがられるようになったため、馬超は益州にやってきた劉備に臣従し、安息を得ました。

夏侯淵

その後は曹操の重臣・夏侯淵が征西将軍に就任しました。

【騎兵の指揮を得意とし、異民族の討伐に活躍した夏侯淵】

夏侯淵は長安に赴任すると、馬超や韓遂かんすいといった武将たちと、てい族や羌族といった異民族たちを討伐し、涼州の平定に成功します。

そして曹操が張魯を討伐して漢中を制圧すると、征西将軍に任命されて守備につきました。

すると、しばらくしてから劉備が漢中を奪おうと攻めこんできたので、これを定軍山で迎撃し、にらみ合いとなります。

219年になると劉備が砦に夜襲をしかけて来ましたが、この際に夏侯淵は黄忠の猛攻を受け、戦死してしまいました。

 

このように征西将軍に正式に任命された馬騰や夏侯淵は、偶然とはいえ、いずれも不幸な終わりを遂げています。

西方の情勢が、それだけ荒れていたことの証だとも言えるでしょう。

スポンサーリンク
用語集 官職 三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物