敬哀皇后・張皇后 劉禅の皇后となった、張飛の娘たち

スポンサーリンク

敬哀けいあい皇后は劉禅の正室になった女性で、張飛の長女です。

母は夏候覇かこうはの従妹で、薪を取りに出ていたところを張飛が捕まえて、妻にしたという経緯がありました。

敬哀皇后はおくりなで、名は伝わっていません。

221年に、皇太子だった劉禅の妃として宮中に入っています。

そして223年に劉禅が蜀の皇帝になると、皇后に立てられました。

その後、237年に逝去し、南陵に埋葬されています。

正史では人柄を伝える挿話などは掲載されておらず、記述が非常に簡素になっています。

スポンサーリンク

張皇后

張皇后は、敬哀皇后の妹です。

237年に姉が亡くなると、宮中に入って貴人となりました。

(貴人は女官の位で、皇后に次ぐ地位です)

そして翌238年の正月に、次のような命令書を劉禅から受けました。

ちんは大業を継承し、天下に君臨して、郊廟こうびょう社稷しゃしょくを奉じている。

いま貴人を皇后とし、行丞相事・左将軍の向朗しょうろうに節を持たせて使わし、璽綬じじゅを授ける。

主婦の役割を努めてこれを修め、厳粛に祭祀に携わるのだぞ。

皇后よ、それやこれをつつしめ」

こうして姉の後を受け、妹もまた皇后になりました。

劉禅とともに洛陽に移る

263年に蜀が滅亡すると、翌264年に、劉禅の一族は魏の首都である洛陽らくように移住することになりました。

張皇后はこれに同行し、洛陽に移っています。

記録はここまでとなっており、いつ死去したのかは不明です。

劉禅の皇后については、特に記録する者がいなかったのか、姉妹とも、ごく短くしか正史には記載されていません。

子どもについて

劉禅と姉妹との間には、子どもはいたものの、娘だったか、あるいは男子でも、成人するまでは育たなかったようです。

敬哀・張皇后らの侍女である、王貴人が生んだ子が劉禅の皇太子になっていることから、それがわかります。

一方で、次に紹介する挿話から、姉妹との間に子どもがいたことは、明らかになっています。

母の挿話

『魏略』という史書には、姉妹の母についての記録があります。

夏候覇の十三、四の従妹が、薪を取りに出かけた時に、張飛に捕まりました。

張飛は彼女が良家の出であると知ると、そのまま自分の妻にします。

夏候氏は州・はい国が郷里で、劉備は豫州刺史しし(長官)だったことがありますので、その時期のできごとだったのだと思われます。

やがて彼女は二人の娘を生み、後に敬哀皇后と張皇后になりました。

このような関係にあったため、219年に伯父の夏候えんが、漢中で劉備に敗れて討ち取られると、張飛の妻になっていたこの女性は、埋葬して欲しいと願い出ています。

敬哀皇后地図

夏候覇と劉禅

夏候覇は夏候淵の子で、魏の右将軍でしたが、親しい者たちが政争に敗れて失脚したので、累が自分に及ぶのを恐れ、蜀に亡命しました。

夏候覇がやってくると、面会した劉禅は「君の父は戦陣の中で命を落としたのであって、わしの父が直接手を下したわけではないぞ」と言います。

そして自分の子どもを指さして「この子は夏候氏の甥に当たる」と紹介し、夏候覇の気持ちを和らげました。

このようにして蜀の王室には、夏候氏の血も入っていたのでした。

張飛の乱暴なふるまいが、この縁を生んだことになります。

夏候覇はこういった事情によって重用され、蜀の車騎しゃき将軍(軍の序列第三位)に任命されました。

ちなみにこれは、生前の張飛と同じ地位です。

そして姜維とともに出陣し、たびたび魏軍と戦いました。

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物