廖立 舌禍によって諸葛亮に罰せられるも、その死に涙した将軍

スポンサーリンク

廖立りょうりつは蜀に仕えた将軍です。

はじめは劉備や諸葛亮に高く評価されましたが、時間が経過するうちに、思ったほどではないことが判明し、地位が抑えられていきました。

廖立はそれを不満に思い、劉備や蜀の重臣たちを誹謗したので、諸葛亮によって地位を剥奪され、辺境に流刑となります。

しかし諸葛亮が亡くなったと聞くと、涙を流しました。

この文章では、そんな廖立について書いています。

スポンサーリンク

武陵に生まれる

廖立はあざな公淵こうえんといい、けい州の武陵ぶりょう郡、臨沅りんげん県の出身でした。

生年は不明となっています。

劉備が荊州のぼく(長官)になった際に召し出され、従事(側近)となります。

そして30才にもならないうちに、長沙ちょうさ太守に抜擢され、高い評価を受けました。

廖立地図1

諸葛亮に称賛される

やがて劉備が蜀に入り、諸葛亮が荊州の抑えとして残っていた時期のこと、孫権が友好のための使者を派遣してきます。

その時、孫権は「士人のうちで誰が優れているか」とたずねてきました。

すると諸葛亮は「龐統ほうとうと廖立は(荊州)の良才です。いずれ功業を立て、称賛を受けることになる者たちです」と返信をしています。

廖立はこの時には、優れた軍師として知られる、龐統に並び称されるほどの立場にあったのでした。

長沙から逃げだす

しかし215年になると、孫権は呂蒙を派遣し、荊州の南の三郡、長沙・零陵れいりょう桂陽けいようを攻撃してきます。

すると廖立は、ひとり長沙を捨てて逃げ出し、劉備の元に帰還しました。

劉備は廖立を認めていたので、これを厳しく責めることはせず、改めて郡太守に任命します。

そして219年に劉備が漢中王になると、廖立は侍中(側近)となりました。

劉備からの評価はさほど変わらなかったので、こうして地位を得ていましたが、劉備が死去すると、扱いが変わります。

223年に劉禅が即位し、諸葛亮が丞相になると、廖立は長水校尉(武官の地位)に転任となりました。

不満を抱く

廖立は心の中では、自分の才能や名声は諸葛亮に次ぐものだと思っていました。

しかし暇な仕事に回され、李厳の下に置かれたことで、不平、不満を抱くようになります。

長水校尉は決して低い地位ではありませんでしたが、廖立は、自分はもっと特別な扱いを受けるのがふさわしい人間だと信じていたのでした。

そのような自己評価と他者からの評価の落差が、廖立の心を腐らせていったのです。

劉備や蜀臣たちを批判する

そんなある日、丞相えん(諸葛亮の属官)の李邵りしょう蒋琬しょうえんが訪ねて来た際に、廖立は次のように意見を述べました。

「軍は遠征を行おうとしているが、諸君は真実をよくみきわめてほしい。

昔、先帝(劉備)は漢中を手に入れられないうちに、移動して呉と荊州の三郡を奪い合い、結局それを呉に譲り渡した。

そうしていたずらに兵士を疲れさせ、何の利益も得ずに帰還なさった。

漢中を失うと、魏の夏侯淵や張郃ちょうこうらに巴の奥深くにまで攻めこまれ、危うく益州全体を失うところだった。

その後、漢中に行っておられる間に、関羽は荊州で身を滅ぼし、部隊は全滅した。

上庸じょうようは魏に奪われ、いたずらに一つの地方を失った。

これは関羽が勇名をたのむばかりで、作戦がでたらめで、考えもなく突進したからだ。

ゆえに前後の戦いで、何度も軍勢を失うことになった。

また、向朗しょうろう文恭ぶんきょうなどは、いずれも凡俗であるにすぎない。

文恭は治中(益州の補佐官)になっても綱紀を守らず、いい加減なことをしている。

向朗はその昔、馬良兄弟ごときを聖人と思っていたほどだから、いま長史(諸葛亮の副官)となっても、道理にかなったことがやれるはずがない。

中郎の郭攸之かくゆうしは人の意見に従うだけで、大事をなすには力不足なのに、侍中になっている。

この三人に仕事を任せるべきではない。

王連のような俗人が、偉そうにふるまって民衆を疲弊させたから、今日のような結果を招いたのだ」

このようにして、皇帝である劉備や、その腹心の関羽、そして現役の蜀臣たちまでもを、まとめてこき下ろしたのでした。

そして、荊州の三郡を奪われた責任は自分にもあったはずですが、そのことは棚に上げています。

こんな発言をして無事にすむはずもなく、李邵と蒋琬は事細かに廖立が言ったことを諸葛亮に報告します。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物