別部司馬とは 三国志では孫堅、劉備、関羽、張飛らが就任

スポンサーリンク

別部べつぶ司馬しばは後漢の時代に設置されていた、武官の地位です。

この言葉は「別部」と「司馬」に分けられますので、まずはそれぞれの意味を解説します。

別部とは

「別部」は「別営に所属している、独立性を持った部隊」という意味です。

「部」は「部隊」を意味し、一人の将軍には五つの部が所属することになっていました。

別部はその将軍直属の部隊とは別の部隊、という立場でした。

ひとつの部を構成する兵員は、数百〜二千人程度だったと言われています。

ですので現代的に言えば、部は中隊や大隊にあたる戦術単位でした。

つまり「別部」は「独立大隊」や「別働隊」なのだと解釈できます。

司馬とは

そして「司馬」は「将軍に所属する、軍の指揮官」を意味します。

(ややこしいですが、軍の監察官もまた司馬と呼ばれます。区別するために、指揮官は軍司馬とも呼ばれます。)

なので別部司馬は、「将軍の傘下にありながらも、独立性を持った部隊の指揮官」という意味になります。

常に将軍の側にはおらず、独自に任務を受け、別働隊として動くことが多かった立場だったのだと言えます。

それだけに、指揮能力の高い人材がこの地位に任命され、各地の戦場で活躍しています。

別部司馬になった主な人物

代表的なところでは、駆け出しのころの孫堅や劉備がこの地位にありました。


【別部司馬として黄巾討伐に活躍した孫堅 その後は将軍に出世していった】

他には関羽や張飛、夏侯淵や曹仁、黄蓋や呂蒙といった、各勢力を代表する武将たちも、みなこの地位を皮切りに出世をしていきました。

別部司馬として戦場で活躍するには、自分で戦況を判断して行動する能力が求められます。

ですので別部司馬に任命されるのは、将軍から見込まれた指揮官だけだったのでした。

若く有能な軍人にとっての、登竜門的な地位だったのだと言えます。

スポンサーリンク
用語集 官職 三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物