鄧芝 孫権との外交や反乱の鎮圧に活躍した、晩成の将軍

スポンサーリンク

孫権の説得に成功する

鄧芝は次のように答えました。

「呉と蜀は四州の地を支配し、大王様は世をおおう英雄であらせられます。

そして諸葛亮もまた、一代の傑物です。

蜀には重ねてそびえる峻険の守りがあり、呉には三江(三つの河)の隔てがあります。

この二つの長所を合わせ、唇と歯のように互いに助け合えば、進んでは天下を平定することができますし、退いては三国の鼎立が可能です。

これは自然の理のようなものです。

大王様が、いまもし魏に臣従をされると、魏は必ず、上は大王様の入朝を望み、下は太子を皇帝に仕えさせよと要求してくるでしょう。

もしもそれに従わなければ、反逆者と位置づけられ、討伐を受けることになります。

すると蜀は必ず、その状況を利用するため、時の勢いに従い、呉に進攻することになります。

そうなると、江南の地は大王様のものではなくなってしまいます」

孫権はしばらく沈黙した後で、「君の言うことは、もっともだ」と述べました。

鄧芝はこのように、同盟を結ばないでいれば、いずれ蜀もまた呉を攻撃することになると、冷徹な見通しを率直に語ることで、かえって孫権から信用を得たのでした。

すぐれた交渉人だったと言えます。

再び孫権と会う

孫権はこの後で、魏と絶交し、蜀と同盟を結び、張温を派遣して蜀に返礼をしました。

蜀もまた、もう一度鄧芝を派遣します。

その席で、孫権は鄧芝に言いました。

「もしも天下太平となれば、二人の君主が国を分けて治める。それもまた愉快ではないか」

鄧芝は答えて言います。

「天に二つの太陽はなく、地に二人の王はいないものです。

魏を併呑した後のことは、大王様はまだ天命を深く認識していらっしゃらないようです。

君主がそれぞれに徳を盛んにし、臣下がよく忠誠を尽くし、将軍が陣太鼓をひっさげて出陣すれば、戦争がはじまります」

つまり魏を倒せば、その後は呉と蜀が天下を競うことになる、と正直に言ったのでした。

孫権はこれを聞いておおいに笑い、「君の誠実さを思えば、当然の答えだな」と言いました。

孫権は諸葛亮に手紙を送り「以前やってきた使者の丁広は、言葉が華やかだが浮ついており、陰化は逆に、言葉足らずだった。

二国が和合したのは、ひとえに鄧芝の働きによるものである」と伝えました。

このようにして、鄧芝の外交力が高く評価されます。

この時、鄧芝は馬二百匹と錦を千びき、そして蜀の特産物を呉に贈りました。

この後で、公式の使者が恒常的に両国の間を行き来するようになり、友好関係が樹立されます。

呉の方でも特産物を蜀に贈り、蜀の丁重な礼に答えました。

鄧芝の働きによって三国の鼎立が確立し、大きな成果をあげたのだと言えます。

北伐に参加する

やがて諸葛亮は北伐のために漢中に駐屯するようになりましたが、その際に鄧芝を中監軍・楊武将軍に任じ、軍権を与えています。

第一回目の北伐においては、趙雲とともに箕谷きこくに出陣し、魏軍を牽制する役割を担っています。

そして魏の将軍・曹真そうしんが率いる部隊を引き寄せましたが、数の差が大きかったので、敗北しました。

しかし軍をまとめて守りを固めたので、大きな損害は出さずにすんでいます。

この後で、鄧芝は諸葛亮から「他の部隊は指揮が乱れて将兵がばらばらになったのに、箕谷の兵はよくまとまっていた。これはどうしてか」と質問をされました。

鄧芝は「趙雲が自ら後詰めを務めたので、物資を捨てずにすみ、将兵もまとまりを失うことがなかったのです」と答えています。

さらに地位が高まる

やがて諸葛亮が亡くなると、さらに立身し、前軍師・前将軍となりました。

さらにえん州刺史を兼任し、陽武亭候の爵位を与えられ、ほどなくして督江州(江州の監督官)となります。

この時、鄧芝が蜀の東方を、馬忠が南方を、王平が北方を統治しましたが、いずれも優れた功績をあげたと評価されました。

このようにして、鄧芝はかつて張裕に言われたように、年をとってから高位の将軍となり、候に封じられる待遇を受けます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物