鄧芝 孫権との外交や反乱の鎮圧に活躍した、晩成の将軍

スポンサーリンク

宗預と年齢について話をする

その後も孫権との交流は続き、たびたび安否をたずねる手紙と、丁重な贈り物が届けられます。

243年になると車騎将軍に昇進し、その後で仮節(独自裁量権)を加えられ、蜀軍の重鎮となりました。

そして247年に、鄧芝は江州から成都に帰還し、屯騎とんき校尉(上級武官)に昇進した宗預そうよに会っています。

鄧芝はこの時「『礼記らいき(儒学の経典)』には、六十才になれば軍事には携わらないと書かれている。

しかし君は、その年ではじめて兵を預かることになった。

これはどうしてだろうな」と言ってからかいました

すると宗預は「あなたは70才なっておられるのに、兵権を返上なさらない。

なのに私が60才で、どうして兵を預かれないことがありましょうか」と言い返しました。

これは自分のことを棚にあげてからかった、鄧芝に非があったと言えます。

鄧芝は自尊心が強く、剛気な性格だったので、大将軍の費禕ですらも、遠慮する態度を見せていました。

しかし宗預は鄧芝と同じく剛直な性格だったので、ただひとり、鄧芝に対してへりくだることがありませんでした。

ちなみにこの宗預もまた、孫権への使者となり、おおいに気に入られています。

猿を射て死期を悟る

248年になると、涪陵ふりょう国の領民が都尉を殺害し、反乱を起こしたので、鄧芝は軍勢を率いてこれを討伐します。

そしてすぐに頭目の首をとってさらしものにしたので、領民は安堵しました。

鄧芝はこの遠征の際に、母猿が子を抱き、樹の上にいるのを見かけます。

鄧芝はいしゆみを好んでいたので、引き絞って狙いをつけ、矢を発射しました。

すると矢が母猿に命中しましたが、小猿は矢を抜きり、木の葉でその傷をふさぎます。

その様子を見た鄧芝は、悪いことをしてしまったと思ったのか、ため息をついて弩を水中に投げ込み、自分の死が近いことを予感したといいます。

自分の趣味のために、むやみに生き物を傷つけるのは、していはいけないことだったと、反省したようです。

鄧芝は実際のところ、この3年後、251年に死去しています。

享年ははっきりしていないのですが、宗預との生前の会話から、70才を超えていたことは確かです。

清廉で剛気な性格だった

鄧芝は将軍の位に二十年以上もついていましたが、賞罰を明確にし、兵卒をよくいたわりました。

衣食は官から支給されるものを頼り、質素、倹約などは考えもしませんでした。

しかし、まったく利殖をしなかったので、妻子は飢えや寒さを免れられず、死んだ時には家に少しも財産がありませんでした。

剛気な性格で、飾り気がなく、感情をはっきりと表に出したので、他の士人たちとうまく付き合うことができませんでした。

同時代の人間にはほとんど敬意を払いませんでしたが、ただ姜維の才能だけは高く評価しています。

姜維もまた、支給される衣食で充足し、俸禄を使いきり、快楽を求めない性格でしたので、鄧芝と似たところがあり、そのために気に入っていたのかもしれません。

子の鄧良が爵位を継承し、後に尚書左選郎になり、蜀が降伏すると、晋に仕えて父と同じく広漢太守となりました。

鄧芝評

三国志の著者・陳寿は「鄧芝は堅実で、簡潔なふるまいを好み、職務に臨んでは、家のことをかえりみなかった」と評しています。

鄧芝は外交・統治・軍事のいずれの分野でも実績を残しており、優れた人材だったと言えます。

蜀が小さいながらも国を保つことができたのは、鄧芝のような人物が屋台骨を支えていたからなのでした。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物