董昭 曹操に魏王になるように勧めた参謀

董昭とうしょうは曹操や曹丕に仕えた参謀です。

曹操が献帝をその手中に握り、権勢を獲得するのに貢献しました。

また、曹操が魏公・魏王となり、やがて漢に取って代わるための動きを推進しています。

長命だったので、曹えいにも仕え、魏の重臣となって世を終えました。

この文章では、そんな董昭について書いています。

定陶に生まれる

董昭はえん州の濟陰せいいん郡・定陶ていとう県の出身でした。あざな公仁こうじんといいます。

一五六年に誕生しています。

孝廉に推挙され、廮陶えいとうの県長や、柏人はくじんの県令などに任命され、地方官として務めました。

やがて董卓が台頭して戦乱の世になると、袁紹に仕えます。

そして袁紹から参軍事に任命され、戦いに関わるようになりました。

董昭1

鉅鹿を統括する

袁紹が公孫瓚こうそんさんと界橋で争っていたころ、鉅鹿きょろく郡の役人たちは、公孫瓚の強勢を恐れ、みな公孫瓚に味方しようとします。

袁紹はそういった動きを抑えるため、董昭に鉅鹿を統治させることにし、「どのような策をもって、反乱を防ぐつもりか?」とたずねました。

すると董昭は「一人の力はわずかなもので、大勢の計画を打ち消すことはできません。ですので、まず彼らの心をつかむために、その意見に賛同します。そして彼らの内情を把握してから、適切な措置をとって、彼らの行動を押さえつけます。計略は臨機応変に行うものですから、いまはまだ明らかにできません」と答えました。

鉅鹿では、孫伉そんこうという者が中心となり、数十人の仲間とともに陰謀を企み、官民の心を乱し、騒ぎを起こしていました。

董昭は鉅鹿に着任すると、偽の布告文を作り、袁紹の名をかたって郡民たちに告げました。

「賊の斥候である張吉ちょうきつが述べたことによると、鉅鹿を攻撃するに際し、賊である孫伉らが協力していることがわかった。布告文がそちらに届けられたら、彼を逮捕し、法を執行せよ。悪事の責任を取らせるのは彼らの一身にとどめ、妻子をも処罰することはないように」

董昭はこの布告文をかかげて命令を下し、孫伉の一党をひとり残らず処刑しました。

この措置によって、鉅鹿郡の者たちは震え上がります。

董昭はその後で、彼らを懐かせようとして、順序をたてて慰撫したので、情勢が安定しました。

これらの措置が終わってから報告すると、袁紹は「見事である」と褒め称えました。

このように、董昭は策に長けており、果断な性格の持ち主だったのでした。

魏郡の賊を討伐する

また、魏郡においても騒動が起きており、太守の栗攀りつはんが兵士に殺害される事態が発生します。

このため、袁紹はまたも董昭を派遣し、状況の改善を任せました。

このころ、魏郡では治安が乱れきっており、賊の数は数万を数えるほどになっています。

それでも各地からの使者が行き来し、商業活動は続けられていました。

董昭はそういった者たちを厚遇し、利用して賊に仲間割れが発生するようにと仕向けます。

そして隙を見つけては攻撃をしかけ、何度も大勝を収めました。

二日の間に、三度にも渡って勝利を知らせる報告をした、と記録されています。

このようにして、董昭は袁紹の勢力の安定に、大きく貢献したのでした。

袁紹の元を離れる

しかしながら、董昭はやがて袁紹の元を離れることになります。

董昭の弟の董ほうは、兗州に勢力を持つ張邈ちょうばくの配下になっていました。

張邈と袁紹は仲が悪かったので、董昭のことを悪く言う者が現れると、袁紹はこれを信じこみました。

そして董昭を処罰しようとしたので、董昭は袁紹の勢力から離れることにします。

袁紹は猜疑心が強かったので、優れた人材が手元にいても、使いこなせないことが多かったのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物