董昭 曹操に魏王になるように勧めた参謀

張楊に引き止めを受ける

董昭は長安にいる献帝の元に行こうとしたのですが、河内かだいまでやってきたところで、そこを支配している張楊ちょうように引き止めを受けます。

張楊は群雄のひとりで、司州のあたりで一定の勢力を築いていました。

董昭は張楊に頼んで印綬を朝廷に返還し、騎都尉きとい(官軍の指揮官)に任命され、ひとまず張楊のところにとどまることにします。

曹操との同盟を勧める

このころ、曹操は兗州を支配していましたが、やがて使者を張楊の元に派遣してきました。

そして献帝がいる長安と連絡するために、領内を通行させてほしいと張楊に要請します。

張楊はこれを認めなかったのですが、すると董昭が進言しました。

「袁紹と曹操はただいま、同盟関係にありますが、この先もずっと継続することはないでしょう。曹操は袁紹よりも勢力では劣っていますが、英傑であり、能力では勝っています。ですので、彼と手を結んだ方が得策です。

こうして機会が訪れているのですから、長安への連絡を許可してやり、上奏をして、曹操を推挙するのがよろしいと存じます。うまくいきましたならば、長く友好な関係を築くことができるでしょう」

張楊はこの意見を採用し、曹操の長安への連絡を取り次ぎ、上奏して推挙しました。

また、董昭も曹操のために手紙を書き、長安で献帝を擁する李傕りかく郭汜かくしらに送り、丁重に挨拶をします。

その後で、張楊が曹操に使者を送ると、曹操は返礼として犬や馬、金、絹などを贈りました。

やがて献帝は李傕らを見限り、長安を脱し、安邑あんゆうに滞在するようになります。

すると董昭は河内から出向き、詔勅を受けて議郎ぎろう(皇帝顧問官)に任命されました。

こうして董昭は、曹操や献帝との間につながりを持つようになります。

楊奉を懐柔する

一九六年になると、献帝は元の都であった洛陽に帰還します。

しかし献帝を迎えた韓暹かんせん楊奉ようほう董承とうしょう、そして張楊たちは互いに仲が悪く、いがみあっていました。

この中で、楊奉は抱えている軍隊こそ精強であるものの、味方が少ない状況にありました。

このため、董昭は彼を懐柔し、曹操と同盟を結ぶように働きかけようとして、書簡を送ります。

董昭は、楊奉が献帝の帰還に貢献したことを称賛し、他の者と協力して朝廷を治めていくことを勧めました。

そして曹操は軍隊と食糧を豊富に備えているので、頼れる相手だと伝えました。

楊奉はこの書簡を受け取ると喜び、部下たちに「曹操は近くのきょにいる。兵も食糧も持っており、朝廷が頼るべき相手だ」と述べます。

そして上奏し、曹操を鎮東将軍に取り立て、父の爵位を継げるようにし、費亭ひてい候にしました。

董昭もまた取り立てられ、符節令ふせつれいになっています。

こうして董昭は曹操のためになるようにと、取り計らう行動を続けていきました。

このころからすでに、曹操こそが乱世を制することになるだろうと、見抜いていたようです。

曹操の相談を受ける

やがて曹操は、洛陽にいた献帝の元に参内します。そして董昭を呼び、一緒に座ってから質問をしました。

「わしはこうしてここにやってきたが、どのような計略を用いるべきだろうか」

董昭は「将軍は義兵を挙げて暴虐な者たちを征伐し、天子(皇帝)に参内し、王室を助けておられます。これは春秋の五霸ごはと同じ功績だと言えます。

ここに集まっている他の将軍たちは気持ちがばらばらで、必ずしも朝廷に服従しているわけではありません。ですのでこのままここに留まり、天子を補佐するのは、よい選択だとは言えません。御車みくるまをお移しし、許に行幸されるようにした方がいいでしょう。

しかし朝廷においては、天子があちこちをさすらった後、ようやく古都にお戻りになったばかりなので、みなが腰を落ち着けられ、情勢が安定することを期待しています。ですので、いま御車をお移しすると、人々の期待に反することになります。

ですが、常識の外にある事をやり遂げてこそ、際立った功績は立てられるのです。将軍はその有利さをよくお考えください」

このようにして、董昭は非常の選択をしても、献帝を曹操の勢力圏にある許に移した方がよいと勧めたのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物