張燕 盗賊から将軍に成り上がった、黒山族の頭領

スポンサーリンク

張燕ちょうえんは後漢の末期において、盗賊団を率いて各地を荒らし回っていた男です。

世の混乱に乗じて勢力を伸ばし、やがて数万の軍勢を率いるほどの立場を手に入れました。

そして袁紹えんしょうと争いますが、やがて袁紹に加担した呂布りょふに敗れます。

その後、張燕の部下は離散していきましたが、曹操そうそうに帰順を申し入れることで、将軍位と爵位を手に入れ、生き延びることができました。

この文章では、そんな抜け目のない乱世の成り上がり者だった、張燕について書いてみます。

スポンサーリンク

常山に生まれる

張燕は常山郡の真定県で誕生しました。

生年は不明となっています。

本来の姓は「ちょ」と言いましたが、後に改姓しています。

このため、元々の名は「褚燕」だったことになります。

張燕に改名するまで、以下は褚燕で表記していきます。

黄巾賊の乱に乗じて盗賊団を結成する

184年になると、黄巾賊の乱が発生し、後漢の各地は戦乱にみまわれることになります。

すると褚燕は若者を集めて盗賊団を結成し、山沢地帯を根城として、各地を荒らして回りました。

この時には劉備りゅうびなど、義兵を挙げて黄巾賊の討伐で名を上げた者たちがいましたが、褚燕は混乱に乗じて略奪に励んだのでした。

このことから、褚燕はもともと、社会の裏側に属する人間だったのだろうと推測できます。

一万人以上を集める

褚燕には人を束ねる才覚があったようで、各地を巡ってから常山に戻ると、その盗賊団は一万人を数えるほどの規模になっていました。

こうなるともはや、一個の勢力を形勢していたのだと言えます。

一方で博陵はくりょうのあたりに、張牛角ちょうぎゅうかくという者がいて、彼もまた褚燕と同じく、若者たちを集めて徒党を組み、勢力を築いていました。

やがて褚燕は張牛角と意気投合し、合流することにします。

そして褚燕は張牛角を頭目に押し立て、その下につくことにしました。

おそらくは、張牛角の方が人数が多かったのでしょう。

むやみに頭目の地位を争わなかったあたりに、褚燕の賢明さがうかがえます。

張牛角が戦死し、改名する

やがて張牛角と褚燕は、一緒になって廮陶えいとうを攻撃しました。

しかしその戦いで、張牛角は流れ矢に当たって重傷を負います。

張牛角はいまわの際に「必ず褚燕を頭目にせよ」と言い残しました。

間もなく張牛角が死ぬと、人々はその遺言通りに、褚燕を頭としていただくようになります。

褚燕はこの時に姓を「張」に改め、「張燕」と名のるようになったのでした。

彼の姓は、張牛角からのもらいものだったことになります。

姓は先祖や一族とのつながりを示すものですが、褚燕はそれをあっさりと捨て去ってしまったのでした。

彼にとっては先祖や家族よりも、仲間とのつながりの方が大事だったのでしょう。

張燕は人並みはずれて敏捷で、かつ剽悍ひょうかんだったので、人々は彼に「飛燕ひえん」というあだ名をつけました。

あだ名のような名前

こうして褚燕は姓を変えたのですが、『典略』という書物に、この当時の盗賊たちの名前の付け方が触れられています。

『賊の頭目たちは出自が低く、それゆえか、自分勝手に号やあざなをつけていた。

たとえば、白馬に乗っているから「張白騎ちょうはくき」と名のったり、敏捷なものを「張飛燕」と呼んだ。

声の大きな者を「張雷公ちょうらいこう」と呼び、目の大きな者は「李大目りたいもく」と自称した』

といったことが書かれていますが、この中に「張飛燕」とあるのが、張燕のことでしょう。

となると、名の「燕」もまた本名ではなく、あだ名か、自称したものだったのかもしれません。

姓が人から譲り受けたもので、名もあだ名だったとすると、彼は本名にこだわりなく、自分の性質を表す名前を、勝手に名のったことになります。

このあたりのふるまいに、当時の荒くれ者たちの、自由気ままな気風をうかがい知ることができます。

さらに勢力を拡大し、黒山を名のる

張燕は戦乱の中でさらに人数を集め、常山やちょう郡、中山、上党じょうとうなど周辺地域の賊徒と、よしみを通じていきました。

それらの地域の、小さな集団の頭目たちは、みな手勢を率いて張燕に従属しましたので、やがて彼の兵力は数万を数えるほどになります。

張燕は「百万の人数を集めた」と吹聴し、自分の集団を「黒山こくざん」と命名しました。

このため、張燕の勢力は「黒山賊」と呼ばれるようになります。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史 その他の勢力
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物