閻温 馬超の脅迫に屈さず、忠義を貫いた涼州の士

スポンサーリンク

閻温えんおんは字を伯倹はくけんといい、天水てんすい西城せいじょう県の出身です。

涼州の別駕べつが(州長官の側近)となり、上邽じょうけいの県令を代行していました。

ある時、馬超が曹操への反乱を起こしましたが、失敗して涼州に戻ってきます。

そして上邽に逃げ込んで来たのですが、郡民である任養じんようらは、人々をこぞってこれを迎え入れました。

閻温はこれを止めようとしましたが、うまくいかなかったので、急いで州庁に戻ります。

閻温地図

馬超に捕らえられる

それから馬超は州庁のある城を包囲したので、危機的な事態に陥りました。

このため、州は密かに閻温を城から脱出させ、将軍の夏侯淵に急を告げさせることにします。

馬超らは幾重にも渡って城を包囲していたので、閻温は夜の間に、水中を潜って脱出しました。

しかし馬超の軍はその痕跡を発見し、追撃をかけてその行く手を塞ぎます。

そして顕親けんしんの県境で閻温を捕らえ、馬超のもとに連れていきました。

馬超の脅迫を受ける

馬超は閻温のいましめを解き、次のように言いました。

「もはや勝敗は明らかだ。足下は孤立した城のために救援を要請しようとして、こうして捕らえられた。
義を施す余地がどこにあるだろうか。
もしもわしの言葉に従い、引き返して城中に『東方からの救援は来ない』と告げるなら、わざわいを福に変える計略となる。
もしも従わないのであれば、すぐに処刑するぞ」

閻温は偽ってこれを承諾します。

すると馬超は閻温を連れて城下へと赴きました。

城中に援軍が来ると告げる

閻温は城に向かって大声を出し「大軍が三日もしないうちにやってきます! 励んでください!」と告げます。

城中の者たちはこれを聞くとみな涙を流し、万歳を唱えました。

馬超は怒り、「足下は命が惜しくないのか?」とたずねます。

閻温は何も答えませんでした。

馬超に殺害される

それから馬超は城を攻め続けましたが、時間を費やしてもなかなか攻略できませんでした。

このため、閻温を少しづつ勧誘し、心変わりをさせようとします。

そしてまた閻温に言いました。

「城中にいる知人の中に、わしの味方になろうとする者はいないだろうか?」

またしても閻温は答えませんでした。

すると馬超は閻温を責め立てます。

閻温は「主君に仕えるとは、死んでも裏切らないということだ。
それなのにあなたは長者に対し、不義の言葉を吐き出させようとしている。
わしがどうして生きることばかりを望む者であろうか」と答えました。

これを聞いた馬超は、とうとう閻温を殺害してしまいました。

その後

馬超はこの後で冀城を手に入れ、刺史(長官)の韋康いこうを処刑します。

しかしその後、馬超が出撃した隙に、韋康に仕えていた役人や民たちが、馬超を城から閉め出すことに成功しました。

馬超はあわてて戻ってきましたが冀城に入ることはできず、進退がきわまり、涼州をあきらめて漢中に逃走しています。

閻温評

三国志の著者・陳寿は「閻温は城に向かって大声で語りかけたが、これは解揚かいようや路の烈しさと同じである」と評しています。

解揚は春秋時代の宋に仕え、敵対する王から援軍が来ないことを、宋の城に告げるようにと強要された人物です。

しかし解揚は自分の命をかえりみず、「援軍が来る」と宋の城内に呼ばわりました。

こういった話は日本にもあり、戦国時代に奥平氏に仕えていた、鳥居強右衛門すねえもんが同様の行動を取った話が有名です。

忠義を貫いた者たちの話は、人の心を打つようで、様々な史書に記録が残されています。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物