衛将軍とは 三国志では曹洪や姜維が就任

スポンサーリンク

えい将軍は中国の官職です。

前漢の時代に、宮廷の衛士を統括し、皇帝を守る職として設置されています。

つまりは近衛兵団の司令官の地位です。

前漢の中興の祖と称えられる九代皇帝・宣帝(在位 前74年 – 前48年)の時代には、衛将軍の地位にある者が政治を補佐することもあり、皇帝の側近という位置づけになっていました。

【宣帝 度重なる外征で疲弊していた前漢を復興させた名君】

宣帝が即位したころには、大将軍の地位を占めたかく氏一族の力が強く、政治を壟断されていました。

宣帝はこれを排除して親政を行いましたので、大将軍にかわって衛将軍に任命した者を、重用したのだと思われます。

後漢・三国時代

後漢では大将軍・驃騎ひょうき将軍・車騎しゃき将軍につぐ、第四位の格式を持つ高い地位でした。

上位の三つの将軍職と同じく、独自に幕府を設置して、長史(副官)や司馬(監察官)などの幕僚を任命する権限をもっています。

後漢では常任ではなく、必要に応じて任命されていますが、このあたりは驃騎将軍や車騎将軍と同じでした。

後漢や三国時代ではあまり任じられることがなかったのですが、代表的なところでは、蜀の姜維が247年に衛将軍に就任しています。

【諸葛亮の後を継ぐべく奮闘した姜維 衛将軍からさらに立身した】

その後、姜維は何度か出撃するものの、なかなか勝利を得られませんでしたが、255年に魏のよう州刺史・王経を破った功績によって、大将軍に昇進しました。

 

その他には、魏の曹洪が220年に、曹丕によって衛将軍に任命されます。

その後は驃騎将軍に昇進したのですが、曹洪は曹丕が若い頃に、申し込んできた借金を断ったことがありました。

曹丕はそのことを恨んでおり、理由をつけて曹洪を処刑しようとします。

周囲の取りなしによって何とか助かったのですが、曹洪は官位を剥奪され、財産も没収されてしまいました。

曹洪は皇帝を守る衛将軍に任命されたのに、内心では曹丕に信用されていなかった、という話でした。

その後

晋が建国されると、やがて衛将軍の地位が高まり、将軍の筆頭に格上げされています。

これは晋の功臣である陸曄りくようが、晩年に衛将軍に就任したことが影響しています。

その後、唐代になると驃騎将軍と車騎将軍が軍の中心となり、衛将軍は廃止されました。

スポンサーリンク
用語集 官職 三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物