黄皓 劉禅に取り入り、蜀の滅亡を導いた宦官

スポンサーリンク

姜維の排除を画策する

やがて黄皓は右大将軍の閻宇えんうと結託し、大将軍の姜維を廃し、閻宇をその地位につけようと画策します。

このため、姜維は黄皓を排除するよう劉禅に直訴しますが、劉禅はことの重大さを理解しておらず、これを取り上げませんでした。

「黄皓はただの使用人なのだから、君が気にとめるほどの存在ではない」というのが、劉禅の答えでした。

そして劉禅は、黄皓に命じて姜維に謝罪に行かせるのですが、姜維は黄皓を排除しようとして失敗した以上、遠からず宮中から害を加えられることになるだろうと予測します。

なので、前線で屯田を行い、軍勢がとどまれるようにしたいと申し出て、成都には戻ってこなくなりました。

こうして蜀の宮中と軍の間に、深刻な亀裂が走る事態となります。

劉永が遠ざけられる

劉禅には劉永という弟がいましたが、彼もまた黄皓を嫌い、排除すべきだと考えていました。

それを知った黄皓は、劉禅に劉永の悪口を吹き込み、遠ざけるようにと働きかけます。

この結果、劉永は十数年にも渡って、朝廷で劉禅に謁見できない状態が続くようになりました。

こうして黄皓の存在によって、蜀は宮中と軍、そして皇族の間にも亀裂が走り、まとまりがなくなっていきます。

蜀は敵対する魏と比べ、はるかに小さな国であり、団結していなければ、とても対抗できるものではありません。

にも関わらず、自分が権力を握りたいがために、各所の関係を乱していく黄皓は、蜀の内部に巣くった毒虫のごとき存在でした。

魏が侵攻の準備を開始する

黄皓と敵対した姜維は、ずっと前線に留まるようになりましたが、これによって、魏は蜀の内部が乱れていることを察知します。

姜維は蜀を主導する立場にありましたが、その彼が都に戻らず、前線に居続けているのは、宮中で変事があったからなのだろうと、予測されてしまったのでした。

蜀には姜維以外に、特に優れた人物はいませんでしたので、その彼が中央から信頼されていないのであれば、蜀を攻略するのは可能だと、魏は判断します。

そして鐘会しょうかい鄧艾とうがい諸葛緒しょかつしょの三人の将軍に、三十万という大軍を預け、蜀への侵攻を命じました。

姜維が知らせるも、黄皓が握り潰す

姜維は魏軍に大きな動きがあることを察知し、これを劉禅に急報します。

しかし劉禅が、黄皓にこの知らせがあったことを告げると、黄皓は占い師に相談しました。

すると占い師が、問題は起こらないと答えたので、黄皓はこれをそのまま信じ込み、劉禅にも、魏の攻撃に備えなくても、絶対に安全です、などと返答をします。

その上、姜維から知らせがあったことを群臣たちに伝えなかったので、成都にいた者たちは魏の侵攻を事前に知り、対策を取ることができなかったのでした。

黄皓を用いることに、どうして劉永が反対していたのかが、この事態によって明らかになっています。

黄皓は主に取り入るのがうまいだけの男で、国政を担うに足る見識も実力も、備えていなかったのでした。

鄧艾に成都に迫られる

こうして蜀は対応が遅れ、魏の侵攻に対し、後手に回ることになりました。

姜維は援軍を得られぬ中で、鄧艾に敗れて後退し、剣閣けんかくに立てこもって魏の侵攻を防ぎます。

そして鐘会の率いる軍勢を足止めし、つけいる隙を与えませんでした。

しかし一方で、鄧艾は別の部隊を率い、剣閣を迂回して、普通ならば通れないような悪路を突破し、成都に迫ります。

これを諸葛瞻が迎え討ちますが、緜竹めんちくで大敗を喫し、戦死してしまいました。

【次のページに続く▼】