劉焉 益州を支配して独立を図った、劉璋の父の生涯

スポンサーリンク

劉焉りゅうえんは後漢の末期において、えき州で独立を図った人物です。

流血の果てに益州の支配権を確立し、皇帝になろうと企みました。

そして馬騰ばとうの反乱に加担して長安を攻撃しますが、失敗して二人の息子を失います。

そして災害にあって居城を失い、失意の中で病にかかって死去しました。

彼のあとは子の劉璋りゅうしょうが継ぎ、劉備りゅうびに奪取されるまで、益州を保つことになります。

この文章では、そんな劉焉の生涯を書いてみます。

スポンサーリンク

漢王朝の宗族として生まれる

劉焉はあざな君郎くんろうといい、江夏こうか郡の竟陵きょうりょう県で生まれました。

生年は不明となっています。

前漢の景帝の血を引いており、漢王朝の宗族の一員でした。
(より正確には、景帝の子である、の恭王・劉余の子孫です)

劉焉の一族は、後漢になってから江夏に領地が移され、分家が竟陵に住むようになります。

このために劉焉は竟陵で誕生したのでした。

官吏として出世する

劉焉は郡や州の役所に勤め、やがて王族であるため、中郎(近衛兵)に任命されました。

しかし、やがて師事していた司徒しと(大臣)の祝恬しゅくてんが亡くなったため、喪に服するために官を辞しています。

そして陽城山に住み、学問を修めて人々に教える活動を行いました。

すると賢良方正けんりょうほうせいに推挙され、司徒の属官になり、朝廷に復帰します。
(賢良方正は茂才などと同じく、地方の人材を中央に推挙する制度です)

すると劉焉は、洛陽令、刺史しし太常たいじょう(宗廟を管轄する職)などを歴任し、順調に出世を遂げていきました。

地方に出ることを望む

劉焉は王族の出身であり、官吏としても問題なく務めを果たすことで、順調な人生を送っていました。

しかし当時は後漢の衰退期で、宦官かんがんが好き放題をし、賄賂がはびこり、地方では反乱があいつぐようになっています。

このため、劉焉は中央に留まるのは危険だと考え、自ら地方におもむくことを望むようになりました。

この願いをかなえるため、朝廷に次のような意見を提出します。

「刺史や太守(地方長官)は賄賂で官職を手に入れ、民を虐げています。このために各地で反乱が起こっていますので、清廉の評判を得ている者たちを起用し、地方長官に任命して、国内を鎮定するべきでしょう」

劉焉自身は、交阯こうしに赴任することを、秘かに希望していました。

交阯は現在のベトナム北部にあたり、後漢にとっては最南端の辺境地帯です。

劉焉はその地の長官になることで、乱世を避け、自分の身に不幸が降りかかることを避けようとしたのでした。

王族でありながら、後漢王朝を支えようという意識は持っておらず、自己中心的な考えをする人物だったことがうかがえます。

益州に狙いを変える

劉焉の希望はなかなか実現しませんでしたが、やがて侍中(皇帝の側近)の董扶とうふが、秘かに劉焉に助言をしました。

「都は今まさに乱れようとしていますが、一方で、益州には天子(皇帝)の気配がございます」

それを聞いた劉焉は、今度は益州の長官になりたいと希望するようになりました。

この頃の益州は、刺史の郤倹げきけんが住民に重税を課したために不満が高まり、治安が乱れていました。

その悪評は、都にまで伝わるほどでした。

また、へい州やりょう州で刺史が殺害される事件があいつぎ、世の混乱がいよいよ表面化してきます。

このため、劉焉の計画はついに実現し、彼は188年に益州ぼく(長官)に任命されました。

そして監軍使者として郤倹を逮捕し、罪状の取り調べを担当することになります。

霊帝は劉焉を引見し、「前刺史の劉しゅん・郤倹らはいずれも貪婪どんらん・放埒で、賄賂を受け取って、でたらめな政治を行っていた。このために民は頼りにするものがなく、怨嗟の声が満ちている。益州に到着したら、すぐに彼らを逮捕して法を施行し、万民に統治が変わったことを示すのだ。このことを人にもらしてはならない。彼らがそれを知って反乱を起こせば、国家に災難をもたらすことになろう」と訓示しました。

なお、この時に劉が幽州の牧に、賈琮かそうが冀州の牧に就任するなど、地方長官の交代が進められています。

彼らはみな清廉という評判を取っていた人物たちで、それによって後漢は、地方統治の立て直しを図ろうとしたのでした。

そして劉虞と賈琮は、それぞれの任地で治安の回復に成功し、事跡をあげましたが、劉焉は彼らとは異なり、独立割拠を目指して活動することになります。

益州に入れず

こうして劉焉は益州に赴任することになりましたが、そうするように勧めた董扶もまた、蜀郡西部の属国都尉とい(地方武官)になり、ともに益州に向かっています。

おそらくは初めからそのつもりで、劉焉に益州を狙うようにと勧めたのでしょう。

また、太倉たいそう令(穀物の管理官)の趙韙ちょういに至っては、官職を捨てて劉焉に従いました。

さながら、沈みかけた船から鼠が逃げ出していくようなありさまです。

それほどに、後漢王朝の崩壊は間近だと、内部にいる者たちは切実に感じ取っていたのでしょう。

こうして劉焉たちは益州に向かって出発しましたが、現地では既に反乱が発生しており、簡単に入ることはできませんでした。

このため、劉焉たちはひとまずけい州の東部にとどまることになります。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史 その他の勢力
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物