張既 西方を鎮めた魏の名臣

馬騰を都に呼び寄せる

北方を征した曹操は、次に南のけい州を攻めようと計画します。

しかし馬騰らが関中で割拠したままでいると、戦力を集中させることができません。

このため、曹操は張既に命じ、馬騰に軍を解散し、帰郷するようにと要求させます。

馬騰はこれを一度受け入れたものの、態度をひるがえし、なかなか実行に移しませんでした。

張既は反乱が起きることを懸念し、諸県に布告して食糧を蓄えさせます。

その一方で、郡太守に郊外まで出迎えをするように命じ、関中の掌握をはじめました。

馬騰はこの様子を見て、しかたなく曹操の要求に応じ、都に向かって出発しました。

馬騰がやってくると、曹操は上奏して衛尉えいいに任命し、馬超を将軍にして軍をまとめさせます。

こうして西方の情勢が落ち着いたので、曹操は荊州の討伐を実行に移しました。

馬超の反乱を討伐する

その後、曹操は荊州に侵攻したものの、赤壁の戦いで大敗し、北方に戻ってきます。

曹操は次に漢中の張魯ちょうろを討伐することを計画しますが、実際には関中を狙っているのではないかという噂が流れ、諸将が動揺しました。

この機を利用し、馬超は将軍たちを焚き付け、曹操への反乱を起こします。

張既は曹操に従って馬超の討伐に参加し、華陰かいんにおいて馬超を打ち破りました。

そして西に進み、関右かんゆうを平定します。

京兆尹に任命される

戦いが終わると、張既は京兆尹けいちょういん(長安の行政長官)に任命されました。

就任すると、流民を招き寄せて住まわせ、県やむらを復興させ、民から慕われるようになります。

やがて曹操が魏王になり、魏国が設置されると、尚書(政務官)になりました。

それから雍州の刺史(長官)となり、地位が高まっていきます。

この時に曹操は「君を故郷の州に戻すが、立派な服を着て昼に行く、と言ってよいだろう」と言いました。

これは項羽がかつて、『成功を収めて故郷に戻らないのは、錦の服を着て夜歩くようなものだ』と言ったことになぞらえたのでした。

漢中の討伐に参加する

二一五年になると、曹操は漢中の張魯を討伐します。

張既は別働隊を率いて散関を進み、抵抗したてい族を討伐し、麦を刈り取って食糧に割り当てました。

張魯が降伏すると、張既は漢中の住民を長安の付近に移住させ、人口を増やすようにと勧めます。

これは実行に移され、漢中の十万の民は北方に移りました。

劉備軍を撃破する

その後、蜀を抑えた劉備が北上し、別働隊を派遣して、下弁かべんを攻撃してきました。

これを張既と曹洪が迎え撃ち、劉備軍の呉蘭ごらんを撃破しています。

また、涼州で抵抗を続けていた宋憲を、夏侯淵とともに討伐しましたが、別軍を率いて臨洮りんとう狄道てきどうを平定しました。

このようにして張既は、西方の情勢を安定させるのに貢献しています。

住民の動揺を抑える

このころ、曹操は各地の民を移住させ、河北の人口を増加させていました。

このため、涼州の隴西ろうせい天水てんすい、南安の三郡の住民は、自分たちも移住させられるのではないかと心配して動揺し、情勢が不安定になります。

これを受け、張既は三郡出身の軍人や官吏たちに休暇を与え、住居の修理にあたらせました。

また、水碓すいたいという、水の力を利用して動かす臼を作らせるなどしてインフラを整備し、住民を移住させる意図がないことを示します。

これらの措置によって三郡の動揺は鎮まり、民心が安定しました。

氐族を移住させる

二一九年に劉備が漢中に攻め込み、司令官である夏侯淵を討ち取ると、曹操は漢中から完全に撤退することを検討します。

しかし、劉備がさらに北に進出し、武都ぶとの氐族を味方につけ、関中を圧迫してくるのではないかと懸念しました。

このことを張既に相談すると、張既は次のように答えます。

「氐族に北方に移動し、穀物が豊富な場所に住むように働きかけ、賊(蜀軍)を避けさせるのがよいと思います。早く到着した者に手厚く褒賞を与えれば、後から続く者たちの気を引くことができます」

曹操はこの策を採用し、自ら漢中におもむき、軍勢を撤退させました。

そして張既を武都に向かわせ、五万の氐族を移住させ、扶風ふふうや天水の郡の境界に住まわせます。

先の漢中の措置とあわせて、張既は蜀が人口を確保するのを妨げ、魏の人口を増やす働きをしました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、10月27日〜11月9日の間は350円のセール価格で販売しています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物