賈逵 曹操の側近となり、豫州を治めた文武両道の人物

スポンサーリンク

丞相主簿になる

やがて大軍が征討に出ることになると、賈逵は再び丞相主簿祭酒(軍事顧問)に任命されます。

賈逵は以前、他人の罪に連座したことがありました。

曹丕は「その昔、叔向しゅくこうは功績をたて、十代のちの子孫まで罪を許されるとされた。賈逵は自分自身で功業をたて、徳行を積んでいる」と述べ、過去のことは問わないと述べ、起用した理由を明らかにしています。

曹丕に従って黎陽れいようの渡しまで来ると、列を乱す者たちが現れました。

賈逵はその者たちを切り捨て、ようやく列が整うという場面がありました。

やがてしょうに到着すると、賈逵は州の刺史に任命されます。

この時、賈逵は進み出て、次のように述べました。

「臣は宮門を守り、六年に渡って出入りをしました。王が即位され、宮門が開かれると、臣は外に出ることになりました。どうか殿下は万民のために配慮なさり、天と人々の期待を裏切らないでください」

豫州の統治を立て直す

このころ、天下の情勢はひどい混乱から立ち直りつつありましたが、州や郡では行政が行き渡らないことが多くなっていました。

この事態に対し、賈逵は意見を述べます。

「秦の時代、州では御史ぎょしが巡行し、各郡を監督したものでした。前漢の時代、六か条の詔書によって、郡の役人や二千石以下の官吏の取り締まりも行われています。

監督者には厳格さと有能さと勇武の才があるべきで、平静さと寛大さと仁愛の徳が求められるのではありません。

ただいま、高官は法を軽んじ、盗賊が横行するようになっています。州では事態を把握しながら、これをとがめようとしません。

これでいったい、どのようにして天下に正義を取り戻すのでしょうか」

このように述べ、不正を働く者たちを、厳しく取り締まることの重要性を説きました。

豫州の兵曹従事は、前の刺史の時から休暇をとっており、賈逵が着任してから数ヶ月がすぎて、ようやく戻ってきます。

このように規律がゆるみきっており、賈逵は州の二千石以下の官吏の中で、阿諛あゆ追従によって地位を保ち、法律を守らない者を調べ上げ、全員を免職にするようにと上申しました。

すると曹丕は「賈逵こそがまことの刺史である」といい、賈逵のやり方にならうようにと天下に布告します。

この功績によって、賈逵は関内侯かんだいこうの爵位を得ています。

軍備を整え、内政を充実させる

豫州は南で呉と接しており、軍事的に重要な地域でした。

賈逵は綿密に敵情視察をさせ、武器を修理し、守備と攻勢の両面において備えをしたので、呉が領域を侵犯してくることはありませんでした。

こうして外に対しては軍備を整え、内に対しては民政に努めます。

賈逵はまず、えん水とじょ水をさえぎり、新しく堤防を築きました。

また、山を掘って断ち切り、谷川の水をため、小弋陽陂しょうよくようひを作ります。

そして二百里(八十キロメートル)に渡って運河を通し、これは賈候渠かこうきょと呼ばれました。

このような施策によって、賈逵は豫州の統治を安定させます。

呉との戦いに勝利する

やがて賈逵は他の将軍たちとともに呉を攻撃し、洞浦どうほ呂範りょはんを打ち破り、陽里ようり亭候に昇進しました。

また、建威けんい将軍の称号も付与されます。

曹叡が即位すると二百戸を加増され、合わせて四百戸になりました。

こうして賈逵は順調に功績を重ね、地位が高まっていきます。

東関を攻略する策を提案する

このころ、孫権は東関とうかんを拠点としていましたが、ここは豫州の南方で、長江からは四百里ほど離れていました。

そして出兵して魏に侵入してくる際には、西方では江夏こうかから、東方では廬江ろこうからやってきます。

魏が征伐する場合にも、わい水とべん水を通っていました。

当時、豫州の軍はこうに駐屯し、汝南じょなん弋陽よくようの諸郡は国境を守っているだけでした。

孫権は北方の豫州を警戒する必要がなかったので、東方と西方に危機が迫った時には、軍を移動させて救援しています。

このため、呉は敗北することが少なくなっていました。

つまり孫権は戦場となる東西の地点の中間に位置し、状況に応じて援軍を差し向け、魏の攻勢を防いでいたのだということになります。

賈逵はこの状況を見て、長江までの直通の道を開くべきだと主張しました。

そうすることで、北の豫州から孫権に圧力をかけることができるようになり、孫権は東西に救援を送ることができなくなる、というのが狙いでした。

そして呉軍の連携を絶てば、東関は奪取できるというのが、賈逵の判断です。

このため、賈逵は軍の駐屯地を潦口りょうこうに移動させ、東関を攻略する策を上申しました。

曹叡はこれを承認します。

【次のページに続く▼】