鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

姜維との対戦を任される

司馬昭が総指揮をとり、鄧艾に命じ、三万の兵で姜維と対峙し、生け捕りにすることを命じました。

そして雍州刺史の諸葛しょが同じく三万を率い、姜維の退路を絶ち、鄧艾と挟み撃ちにすることになります。

また、鍾会しょうかいが十数万の兵を率い、蜀の防衛拠点である漢中の攻略を担当しました。

姜維を攻撃するも、取り逃がす

作戦がはじまると、鄧艾は諸将に命じ、姜維の陣営に迫らせます。

姜維は、鍾会の軍勢がすでに漢中に侵入していると知ると、引き下がって帰国しようとしました。

このため、鄧艾配下の将たちが追撃をかけ、大きな戦いとなります。

姜維は敗北しますが、そのまま蜀に戻ろうとしました。

しかし、すでに諸葛緒が橋頭きょうとうという地点をふさいでいたので、孔函谷こうかんこくを通って回り込み、諸葛緒の軍勢の背後に出ようとします。

これを知った諸葛緒は三十里(約12キロメートル)ほど軍勢を後退させました。

谷を進んでいた姜維は、諸葛緒の軍が移動し、橋頭ががら空きになったことを知ります。

このため、すぐに引き返して橋頭を突破しました。

諸葛緒は姜維が戻ったと聞いて、再び橋頭を抑えにかかりますが、一日の違いで姜維を取り逃がします。

こうして鄧艾は勝利したものの、任務を完全に果たすことはできませんでした。

剣閣で防がれる

鍾会が率いていた部隊は、蜀将の寝返りによって漢中を突破し、蜀の内部へと侵攻しつつありました。

これに対し、蜀へ戻った姜維は友軍と合流し、鍾会の進撃を阻むべく、要害である剣閣けんかくを固めます。

剣閣は険しい山地に築かれた要塞で、鍾会はいくら攻撃をしかけても、陥落させることができませんでした。

魏軍は遠くから食糧や物資を運んでいたので、不足しはじめ、やがて撤退を検討せざるを得なくなります。

すると鄧艾は上奏し、思い切った作戦を実行に移しました。

「ただいま、賊軍に打撃を与えたところですので、この機に乗じてさらに攻め入るべきです。陰平いんぺいから脇道に入り、徳陽亭を経由して涪に向かえば、剣閣の西百里、成都から三百里の地点に出ることができます。

奇襲部隊が敵の中枢に姿を表すことになりますので、剣閣の守備部隊は必ず撤退し、に向かってくるでしょう。そうすれば鍾会は進軍することができます。もしも剣閣の軍が引き返さなければ、涪が手薄になります。

兵法に『敵の備えが無いところを叩き、敵の不意をつく』とありますが、敵の備えがないところを攻撃するのですから、勝利は間違いないでしょう」

鄧艾の進軍

十月になると、鄧艾は陰平から脇道に入り、人家のない土地を七百里(約280キロメートル)も行軍しました。

鄧艾の部隊は山にトンネルを掘って通り抜け、谷があると橋をかけます。

しかし山は険しく、谷は深かったので、行軍はなかなかはかどりませんでした。

そして食糧の輸送も簡単にはいかなかったので、部隊はたびたび危機にみまわれます。

鄧艾は自ら毛織物に体を包み、斜面を転がり落ちました。また、将兵たちは崖をよじのぼり、互いに離れぬよう、魚の群れのように、連なって進みました。

そしてついに先頭の部隊が江由こうゆうにたどり着くと、備えをしていなかった蜀の守備部隊は降伏します。

蜀軍は内部にまで侵攻されるとは考えておらず、すっかりと油断していたのでした。

諸葛瞻が迎え撃ってくる

鄧艾が剣閣よりも内側に姿を表すと、蜀のえい将軍・諸葛せんが涪から綿竹めんちくへと移動し、軍勢を展開して鄧艾を迎え撃ちます。

諸葛瞻は、諸葛亮の子です。

この時、蜀軍の中には要害を固めるべきだという意見も出ていたのですが、諸葛瞻はわざわざ守りにくい平地に陣を構えたので、鄧艾からすると、撃破する好機が訪れました。

鄧艾は使者を送り、降伏すれば諸葛瞻を王位につけるという約束をしますが、この使者は斬られてしまいます。

このため、鄧艾は子の鄧忠とうちゅうに敵の右陣を、配下の師纂しさんに左陣を攻撃させました。

しかし彼らは敗北し、退却して「賊を打ち破ることはできません」と報告します。

鄧艾は立腹し「存亡はこの戦いにかかっている。できないではすまされぬ!」としかりつけ、彼らを処刑しようとしました。

そうして焚きつけられた鄧忠と師纂は戦場に戻り、もう一度、攻撃をしかけます。

すると必死になった鄧忠たちは、今度は勝利することができ、蜀軍に大勝しました。

そして諸葛瞻の首をとり、蜀軍を壊滅させます。

こうして鄧艾は当初の目的を越え、鍾会を支援するだけでなく、自らが蜀の制圧を達成する機会を得ました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物