鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

鄧艾が逮捕される

しかし鍾会や胡烈これつ、師纂といった者たちが、みな鄧艾の行動は反逆に値し、蜀ではすでに乱の兆しが見えると伝えたので、鄧艾は囚人として都に送られることになってしまいました。

すると鄧艾は天をあおぎ、「私は忠臣だったのに、このようなことになろうとは。白起のひどい運命が、ここに再現されたのだ」と嘆きます。

白起は秦の名将で、大きな功績を立てましたが、最後は自害を命じられて世を去った人物です。

鄧艾に反乱の意志はなかったので、衞瓘がやってくると、部下たちに武器を捨てさせ、おとなしく命令に従いました。

鍾会の陰謀

鄧艾にも疑われるだけの根拠があり、また諸将との関係が悪かったことで、かばってもらえず、逮捕されることになってしまったのでした。

しかしそれとは別の理由も、この事態の裏にはありました。

鍾会は、実は彼こそが蜀で反乱を起こそうと計画しており、このために、邪魔者だった鄧艾の排除を図ったのです。

そして鍾会を焚きつけていたのが、彼と親しくなっていた姜維でした。

姜維もまた陰謀を企んでおり、鍾会をそそのかして反乱を起こさせ、その後で鍾会をも殺害し、蜀を復活させようと計画していたのです。

つまりは姜維の策によって、鄧艾は地位を追われたのでした。

戦場では何度も姜維に勝利しましたが、思わぬ形で彼に敗れることになったのです。

鍾会が殺害され、鄧艾が救出される

鄧艾を退けた鍾会は成都に入り、魏への反乱を起こすことを宣言します。

そして従いそうにない魏の将官たちを、役所の部屋に閉じ込めました。

しかし、閉じ込められた将官たちは、ひそかに城外の部下と連絡をとり、自分たちが処刑されそうになっていることを伝えます。

すると魏兵たちは鍾会への抵抗を開始し、やがて成都の城に攻め込みます。

そこで鍾会は姜維とともに討たれ、反乱は失敗に終わりました。

これを受け、鄧艾に属していた将兵たちが護送車を追いかけ、鄧艾を救出します。

こうして鄧艾は、助かったかに思われました。

田続に討たれる

蜀を攻略していた時に、鄧艾は山地を越え、江由に到達したことがありましたが、その時、配下の田続でんぞくが先に進もうとしなかったので、斬ろうとしたことがありました。

後で見逃したのですが、このために鄧艾は恨みをかっています。

先に、諸葛瞻と戦った時もそうでしたが、鄧艾は思うように動かない部下に対し、苛烈な措置をとることがあり、このために反感を買いがちだったのでした。

こういった経緯があったので、鄧艾を始末することにした監軍の衞瓘は、田続に「江由で受けた屈辱を晴らすがよかろう」と言って送り出します。

田続は綿竹の西で鄧艾に遭遇し、その場で殺害しました。

子の鄧忠もまたこの場で討たれ、都にいた他の子どもたちも、みな処刑されてしまいます。

そして妻と孫は西方の辺境に流され、奴隷の身分に落とされてしまいました。

こうして、鄧艾は蜀を滅ぼすという大功を立てたにも関わらず、弁明の機会も与えられないまま、謀反人として処断されてしまったのです。

子孫は罪を許される

二六五年になると、司馬昭の子の司馬えんが帝位につき、晋を建国しました。

そして詔勅を下し、鄧艾について述べます。

「征西将軍の鄧艾は、功績をたのみ、節義を見失い、大罪を犯して処断された。しかし逮捕の命令を聞いた時に、部下を遠ざけ、抵抗をせずに罪を受けた。このふるまいは、生き延びようとして悪事を犯す者たちとは比較にならない。

いま、大赦を下して帰れるようにしたが、もしも子孫が絶えているのなら、後継者を立てることを許可する。そして彼らの祭祀さいしが絶えさせることがないようにせよ」

こうして鄧艾の子孫のあつかいが、いくぶん見直されました。

これに続き、議郎ぎろう(皇帝顧問官)の段灼だんしゃくが、上奏して鄧艾を弁護します。

段灼は、鄧艾は強情でせっかちだったので、名士や同僚と協調できず、誰にも弁護されず、無実の罪を着せられたのだと指摘しました。

そして鄧艾が農業を振興し、姜維の侵攻を防ぎ、蜀の攻略に成功した功績を述べ、独断で行動したのも、反逆の意図があったわけではなく、国家のためを思ってのことだったと述べます。

そして鄧艾が一族ともに処刑されてしまったことに民が同情しており、これを見直し、鄧艾の孫に領地をつがせ、おくりなをし、鄧艾の魂に恩赦を与え、子孫に信義を示すべきだと主張しました。

すると二七三年に、詔勅が下ります。

「鄧艾には勲功があったが、罪を受け、刑罰に処せられた。そして子孫は奴隷になっている。ちんはいつもそれを憐れに思っていた。ゆえに孫の鄧郎とうろうを郎中(宮廷官)に取り立てよ」

こうして鄧艾の地位が見直され、子孫は罪人の身分から解放されたのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物