鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

スポンサーリンク

鄧艾の備え

鄧艾は西方にあったころ、長城を修復し、各地に砦を作っています。

やがて羌族が反乱を起こし、涼州の刺史は何度も殺害されますが、官民が安全を保てたのは、鄧艾が築いた砦に立てこもったからでした。

このようにして、鄧艾は自分の死後にも役立つ備えをしていたのです。

鄧艾評

三国志の著者・陳寿は鄧艾を次のように評しています。

「鄧艾は強い意志の持ち主で、功績を立てた。しかし災いを防ぐための配慮が乏しく、やがてとがを受けることになってしまった。

遠く諸葛恪の失敗を予測したが、目の前にある自分の危機は察知できなかったようだ。これが昔の人が言うところの『目論もくろん』なのだろう」

『目論』とは、遠くにいる他人の間違いは理解できるのに、目の前にある自分の間違いに気がつけないことを言います。

鄧艾は優れた能力を備えており、魏の食糧生産力を向上させ、将軍としてもおおいに活躍しました。

そして姜維の侵攻を何度も退け、その野心をくじいています。

蜀に侵攻した際には、思い切った作戦を実行に移し、蜀を滅亡させる大功を立てました。

しかし、人格にはやや難があり、人づきあいが上手でなかったので、やがて高官たちの間で孤立してしまいます。

このような背景があったところに、蜀の征服後、独断で行動していたことが、謀反の疑いを招き、ついには罪人として処断されてしまう運命を招いたのでした。

鍾会の陰謀による結果ではありましたが、鄧艾自身にも、それを招き寄せてしまうだけの落ち度があったのも確かでした。

他人の間違いを指摘するのは容易でも、自分のそれを自覚し、改めるのは難しい、ということなのでしょう。

関連記事

姜維 諸葛亮に見いだされて魏と戦うも、蜀の滅亡を招いた大将軍
姜維きょういは蜀に仕えて活躍した将軍です。 元は魏に仕えていましたが、降伏後、諸葛亮に見いだされて出世し、やがて蜀の大将軍となりました。 文武に優れ、魏軍にも何度か勝利しましたが、毎年のように大軍を動かしたので、やがて蜀を疲弊さ...
諸葛瞻 父には劣るも、忠節は尽くした諸葛亮の子
諸葛瞻しょかつせんは字あざなを思遠しえんといい、蜀の丞相・諸葛亮の子です。 227年に誕生しました。 諸葛亮は諸葛瞻が生まれた頃から、魏を打倒するための北伐を実施していました。 そして234年には、五丈原に出陣します。 ...
劉禅 趙雲に救われて蜀の皇帝となるも、やがて滅亡に導く
劉禅りゅうぜんは劉備の後を継ぎ、蜀の二代目の皇帝となった人物です。 諸葛亮ら、優れた宰相たちが統治していた時期には、問題なく蜀を保っていました。 しかし、やがて政治がわからない宦官かんがんを重用するようになり、国を傾け始めます。...
廖化 蜀の始まりから終わりまでを見届けた将軍
廖化りょうかは蜀に仕えた将軍です。 蜀の建国以前から関羽や劉備に仕えており、彼らの死後は、諸葛亮や姜維の元で戦いました。 長く活躍し続け、やがて右車騎将軍となり、蜀軍の重鎮にまで立身しています。 70才を超えて現役であり続...