鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

蜀が降伏を決定する

鄧艾はそのまま、軍を蜀の首都である成都に進めます。

すると、成都にいる劉禅と重臣たちは対応を協議しました。

蜀では成都にまで攻め込まれることを想定しておらず、備えができていませんでした。

このため、民が山野に逃げ出すありさまで、成都で防衛に尽くすのが難しい状況になっています。

このため、同盟国である呉に逃亡する、険しい地勢の南部に逃亡する、といった意見が出されました。

しかし呉に逃げてもいずれ魏に併合され、異民族が多い南部に逃げても、反乱が起きる可能性が高いことが指摘されます。

この結果、魏に降伏することで意見がまとまり、らく城に到達していた鄧艾の元に、この旨を伝えてくる使者がやってきました。

鄧艾は喜んでこれを受諾します。

劉禅が降伏してくる

鄧艾が成都にたどり着くと、劉禅は一族六十人あまりを引き連れて城を出ます。

そして手を後ろに縛り、棺をかついで軍営の門のところまでやってきました。

鄧艾はこれを迎え、節(指揮権を示す印)を手に、劉禅のいましめを解き、棺を焼き払います。

そして降伏を受け入れ、これまで魏に抵抗していた罪を問わないことを伝えました。

こうして蜀は四十二年の歴史を終え、滅亡しています。

鄧艾4

蜀の状況を安定させる

劉禅は各地の蜀軍に降伏したことを伝え、武装解除をするように命じました。

これを受け、姜維らも鍾会に降伏を申し入れます。

鄧艾は蜀の将兵たちを調査し、統御しました。

そして兵士たちに略奪を許さず、人心を落ち着かせることを優先します。

また、蜀の者たちに、元からしていた仕事をそのまま続けさせたので、人々は鄧艾を称賛しました。

劉禅らに地位を与える

鄧艾はさらに情勢を安定させるため、独断で劉禅を行驃騎ひょうき将軍(驃騎将軍の代行)に任命しました。

また、太子の劉せん奉車ほうしゃ都尉に、その他の王たちを駙馬ふば都尉に任命します。

これらはいずれも、皇帝の側近の地位です。

その他の官吏たちも、元の地位に応じて魏の官職を与えられたり、鄧艾の属官になったりしました。

そして師纂に益州刺史しし(長官)を、他の者たちに蜀の諸郡の太守を兼務させます。

こうして鄧艾は、蜀における臨時の体制を作り上げました。

しかし独断で行ったこの措置が、やがて鄧艾の身に危機をもたらすことにもなります。

京観を作る

一方で鄧艾は京観けいかんを作り、勝利の記念とします。

京観は敵兵の死骸を積み上げ、それを土でおおって作るものです。

この時に、戦死した魏の兵士たちも、蜀兵とともに埋葬されました。

自分の手柄を誇る

こうして大きな成功をおさめると、鄧艾は自分の手柄を自慢しはじめました。

ある時、蜀の士大夫したいふたちに「君たちを征伐したのがわしだったから、こうして今日、無事でいられるのだぞ。もしも呉漢ごかんのような男だったなら、ひどい目にあっていただろう」と言います。

呉漢は、後漢の建国期に活躍した武将ですが、当時、蜀を支配していた公孫述こうそんじゅつを討った際に、その一族を皆殺しにし、兵に略奪をさせ、宮殿を焼き払うなどの、残忍な行いをしていました。

それと比較して、自分の措置が寛大だったことを述べたのですが、こういったことを自分で口にすると、評価が下がってしまうだけで、何の得にもなりません。

そして「姜維はこの時代の英雄と言える男だが、わしと出会ってしまったために、追いつめられてしまったのだ」とも言いました。

見識のある者たちは、鄧艾のこのような傲慢な発言を嘲笑します。

鄧艾は剛直な人柄でしたが、このために周囲の人々からは顰蹙ひんしゅくを買いがちでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物