鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

スポンサーリンク

姜維に段谷で勝利する

それからしばらく時間が過ぎると、やがて姜維が予測した通りに侵攻してきました。

そして祁山に向かってきたのですが、鄧艾がすでに備えをしていたので、南安へと転進していきます。

これに対し、鄧艾は武城山に立てこもって対峙しました。

すると姜維は、要害の地を抑えようとして鄧艾と争いますが、勝利できませんでした。

このため、渭水いすいを渡って東進し、山に沿って上邽じょうけいへと向かいます。

姜維はそこで友軍の胡済こさいと合流するはずだったのですが、やってこなかったので、戦力が乏しい状態になりました。

鄧艾はその機をいかし、姜維の軍勢と段谷だんこくで戦い、大きな打撃を与えて勝利します。

鄧艾が述べていた通り、魏軍はこの時、戦備が整っておらず、数でも蜀軍に劣っていました。

にも関わらず勝利したことから、鄧艾の将器が非常に優れていたことが証明されています。

鄧艾3

詔勅によって称賛される

この年のうちに、次のような詔勅が下されました。

「逆賊である姜維が、毎年のように狡猾なふるまいをしたので、民も蛮族も動揺し、西方は不安定な状態になっていた。鄧艾は的確な計略を用い、忠義と勇気をふるい、数十の将を斬り、数千の首をとった。

その勢威は巴蜀はしょくの地をふるわせ、武勇への称賛は長江やみん江にも鳴り響いた。いま、鄧艾を鎮西将軍・都督隴右ろうゆう諸軍事に任命する。鄧候に爵位を進め、五百戸を割いて子の忠を亭候とする」

このようにして、鄧艾は絶賛され、その地位がますます高まったのでした。

一方で、姜維は大敗の責任を取り、大将軍から後将軍に地位が下がっています。

鄧艾は大きな壁として、姜維の前に立ちはだかったのでした。

さらに昇進する

二五七年になると、魏の征東将軍である諸葛誕が、東方で反乱を起こします。

諸葛誕は呉に臣従を申し入れ、援軍を得たので、大きな勢力となりました。

このため、司馬しょう(司馬懿の次男)は自ら二十六万の大軍を率いて討伐にあたりますが、西方から兵を引き抜いたので、こちらが手薄になります。

このころには、司馬師はすでに病死していたので、かわって司馬昭が魏の実権を握っています。

この状況を知った姜維は、前年に大敗したばかりなのに、またしても侵攻してきました。

この時、西方では長城という拠点に食糧が備蓄されていたのですが、人々はここを姜維に奪われたら、大きな災いになるだろうと恐れます。

このため、鄧艾は大将軍の司馬ぼうとともに長城に入り、守りを固めました。

姜維が付近にまでやってきますが、鄧艾たちは守備に徹し、戦いには応じませんでした。

そして二五八年になると、諸葛誕が討伐され、反乱が鎮圧されます。

これを受け、姜維が撤退したので、鄧艾は西方を守り通すことができました。

この結果、鄧艾は征西将軍に昇進し、前後に加増された分を合わせて、領地が六千六百戸にもなります。

そして二六二年には、姜維と戦って再び勝利しました。

蜀への攻撃が始まる

二六三年になると、魏は蜀に侵攻する計画を立てます。

このころ、姜維は前線である沓中とうちゅうに滞陣し続け、帰国することがなくなっていました。

蜀では黄皓こうこうという宦官が権力を握るようになり、政治が壟断ろうだんされるようになっています。

黄皓は私腹を肥やし、権力を握りたいだけの人間で、政治のことも軍事のこともまるで理解しておらず、このために蜀の国勢が傾き始めます。

姜維は黄皓を除こうとして劉禅に直訴しますが、劉禅はことの深刻さを理解しておらず、これを受け入れませんでした。

この結果を受け、姜維は宮中から加えられるであろう害を避けるために、蜀に戻らなくなっていたのです。

これを知った魏の人々は、蜀は姜維だけが頼みなのに、その彼が帰国しないのは、国内に変事が起きているからなのだろう、と推測しました。

また、蜀は毎年のように魏に攻撃をしかけていましたが、このために国内が疲弊しているだろう、とも予測されます。

この結果、司馬昭は二十万ほどの軍勢を動員し、蜀を攻略させることにしました。

鄧艾はこの攻勢において、一軍を率いて参加することになります。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物