黄忠 老いてますます盛んと言われた猛将、「老黄忠」の生涯

スポンサーリンク

黄忠こうちゅう劉備りゅうびに仕えて活躍した武将です。

劉備に出会ったときにはすでに老齢でしたが、益州や漢中の奪取戦で大きな軍功を立て、劉備の躍進に貢献しています。

そして関羽かんう張飛ちょうひ馬超ばちょうと並び立つ地位を得て、急速に出世を遂げました。

この文章では、そんな黄忠の生涯を書いてみます。

【黄忠の肖像画】

スポンサーリンク

南陽郡で生まれる

黄忠はあざな漢升かんしょうといい、けい州の南陽郡の出身です。

生年は不明となっています。

黄忠は初め、荊州を支配した劉ひょうに仕えました。

そして中郎将(指揮官)に任命され、劉表の甥の劉ばんとともに、長沙ちょうさ郡の守備についています。

長沙は荊州東部にあり、呉と国境を接する地域でしたので、黄忠はこの時期、孫策そんさくや孫けんの軍勢と戦っていたのだと思われます。

曹操に将軍に任命され、劉備に仕える

やがて208年に劉表が死去すると、曹操そうそうが荊州に攻めこみ、この地を占拠しました。

すると曹操は、黄忠を仮の将軍に任命し、長沙太守の韓玄かんげんに従わせます。

このことから、記録はないものの、黄忠は武官としての一定の評価は得ていたのでしょう。

(黄忠は記録が非常に少ないため、推測が多くなります)

なお、裨将軍は将軍と名がついているものの、将軍位の中では最下級で、軍の副将の立場でした。

やがて劉備が赤壁で曹操を撃破すると、長沙を含む荊州の南部を支配しました。

黄忠はこの時に劉備に臣従し、活躍するようになります。

益州攻略戦で活躍する

211年になると、劉備は益州の劉しょうに招かれ、軍勢を引きつれて移動しました。

この時に劉備は、長年の臣下である関羽や張飛を荊州に残し、新参の黄忠や魏延ぎえんを率いて益州に乗り込みます。

これは荊州の支配を固めるのと同時に、新しい戦力を試してみようとする意図があったのでしょう。

212年になると、劉備は益州を奪取するため、劉璋への攻撃を開始します。

すると黄忠は常に先頭を駆けて敵と戦い、打ち破って戦功を立てます。

その勇敢さは全軍の筆頭であるとされ、一躍名を知られる存在となりました。

やがて益州が平定されると、黄忠は討虜とうりょ将軍に任命されています。

こうして黄忠は劉備に仕えたことで、初めてその真価を発揮する機会を得たのでした。

前の主君である劉表は、荊州を支配した後は、ほとんど勢力を伸ばさなかったので、攻勢に向いた黄忠の才能は、活用される機会が得られなかったのでしょう。

このために、劉備に仕えるまでは無名だったのだと思われます。

漢中に攻めこむ

219年になると、劉備は曹操から漢中を奪取すべく、黄忠らを引きつれて進軍します。

そして定軍山において、漢中を守備する夏侯淵かこうえん・張こうと対戦しました。

劉備は軍師・法正ほうせいの策を用い、夜間に夏侯淵の陣営に火を放ち、奇襲をしかけます。

夏侯淵は張郃に陣営の東を守らせ、自身は軽装の兵士を率いて南を守りました。

この状況をみた劉備は、まず張郃の部隊に激しく攻撃をしかけ、これを打ち破ります。

すると夏侯淵は自軍の半分を割いて、張郃の救援に向かわせました。

こうして夏侯淵の部隊が半減したのを見ると、法正は黄忠に、猛攻をしかけるようにと命じます。

夏侯淵を討ち取る

夏侯淵の軍勢は非常に精悍でしたが、黄忠はほこを突き立て、一度も引くことなく、ひたすらに前進を続けました。

そして士卒を励まし、鐘と太鼓をうち鳴らして士気を高めると、夏侯淵の陣営に殺到します。

夏侯淵の部隊はこの攻勢によって崩れ立ち、黄忠はただ一度の戦闘で、夏侯淵を討ち取ることに成功しました。

夏侯淵は曹操の旗揚げ以来の重臣でしたので、彼を失ったことは、曹操に大きな衝撃を与えたでしょう。

こうして黄忠はその勇猛ぶりを天下に示し、征西将軍に昇進しました。

後将軍となる

漢中を奪取した劉備は、漢中王を名のり、曹操に対抗する姿勢を示します。

そして臣下たちに報償を与え、長年仕えてきた関羽と張飛、そして天下に勇猛を知られる馬超に、最も高い武官の地位を与えました。

さらに黄忠を後将軍とし、彼らと同列に並ばせようとします。

益州攻略戦が始まって以来、黄忠の活躍は、それほどに際だっていたのでした。

また、劉備の人事が功績に即した、公平なものだったことがうかがえます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物