劉備玄徳 関羽や張飛とともに漢の復興を目指した、三国志の英傑

スポンサーリンク

劉備りゅうびは後漢末期の戦乱の中で、強力な兵団を形成し、蜀の皇帝にまでなった人物です。

人を引きつける魅力に優れており、関羽や張飛、諸葛亮たちとともに、漢の復興を目指して戦いました。

そして帝位の簒奪さんだつをもくろむ曹操と対立し、何度も敗れましたが、やがて赤壁や漢中で勝利を収め、蜀を建国するに至ります。

病に倒れ、志は果たしきれなかったものの、全権を諸葛亮に委ね、なんら疑いなく後事を託したことが、君臣のあり方として至高のものであると、後世から称えられることになりました。

この文章では、そんな劉備について書いています。

劉備
【劉備の肖像】

スポンサーリンク

琢郡に生まれる

劉備はあざな玄徳げんとくといい、幽州の涿たく郡、涿県の出身でした。

161年に誕生しています。

前漢のけい帝の子、中山ちゅうざんせい王・劉しょうの子孫で、漢の皇室の血統でした。

この劉勝の子・劉ていは紀元前127年に、陸成候に封じられています。

しかし酎祭ちゅうさいの献上金が不足していたことをとがめられ、やがて爵位を失いました。
(酎祭はお酒を朝廷に献上する儀式で、一緒に献金もすることになっていました)

この時期には、劉貞に限らず、多くの諸侯が整理のために地位を剥奪されており、特に劉貞に問題があったというわけではないようです。

劉貞はこの後で琢郡に居住するようになり、子孫である劉備がこの地で誕生することになりました。

劉備地図1

幼くして父を失う

その後、劉備の家系は代々、州郡に仕える役人となり、祖父の劉ゆう孝廉こうれんに推挙されています。

孝廉は各地から優れた人物を、朝廷に推挙する制度でしたので、劉雄には秀でたところがあったようです。

劉雄は最終的に、はんの県令(長官)にまで立身しました。

そして父の劉こうも役人になりましたが、劉備が幼い頃に亡くなっています。

特別に勢力があったわけではなかったものの、地方ではなかなかの家柄の出だったと言えます。

子どもの頃から働いて生計を立てる

劉備は幼くして父を失ったので、母とともにわらじを売ったり、むしろを編んだりして生計を立てました。

このことから、家には財産と呼べるほどのものはなかったようです。

ところで、劉備の家の東南の隅には桑の木があり、高さは五丈(約15m)もありました。

それは遠くから眺めると、こんもりとふくらんでいて、まるで小さな車の覆いのように見えました。

通りかかる人たちはみな「この樹は普通ではない」と言ってあやしみましたが、ある時、李定という人が「この家からはきっと貴人が出るだろう」と予言をしました。

劉備はまだ幼い時、親戚の子どもたちとこの樹の下で遊びながら、「おれは必ず、こんな羽飾りと覆いがついた車に乗ってやるんだ」と言いました。

すると叔父の劉子敬しけいが「おまえ、めったなことを言うものではない。わが一族が滅ぶことになるぞ」といって注意しました。

なぜかというと、それは皇帝の車のことを指していたからなのでした。

後に劉備は蜀の皇帝になるのですが、この挿話はそれを暗示しているのだと言えます。

一族の支援を受けて遊学する

劉備が15才になると、母は劉備を遊学させることにしました。

一族の劉徳然とくぜんや、遼西りょうせい出身の公孫瓚こうそんさんと一緒に、同郷の出身で、高名な儒学者である廬植ろしょくの弟子になります。

この時の費用は、劉徳然の父・劉元起げんきが出してくれました。

劉元起はいつも劉備の学資の面倒を見ており、息子と同等に扱っています。

これをいぶかしんだその妻が「それぞれ別に一家を構えていますのに、どうしていつもそんなことをなさるのですか?」と質問をしました。

すると劉元起は「我ら一門の中にこの子がいるが、並外れた才能を備えているからだ」と答えました。

このように、劉備は若い頃から、人に期待される資質を備えていたようです。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物