由井正雪の乱(慶安の変)が発生したワケ

スポンサーリンク

由井ゆい正雪しょうせつは江戸時代前期の軍学者で、幕府に対する大規模な陰謀を企んだ人物でもあります。

数千人の浪人たちを集めて江戸で騒動を起こし、将軍を拉致して幕閣を殺害し、その手に天下の権力を握ろう、というのが正雪が抱いた野心でした。

この陰謀は実行前に発覚し、正雪とその一味は自害し、あるいは処刑されて果てるのですが、幕府の浪人対策に大きな影響を与える結果を残しています。

この文章では、そんな正雪の生涯と、彼が起こした由井正雪の乱(慶安の変)について書いてみます。

由井正雪

【由井正雪の肖像画】

正雪の経歴

由比正雪は1605年に駿河するが(静岡県)の府中で誕生した、と言われています。

正雪は謀反を企てた極悪人だと認定され、幕府の隠蔽主義によって記録を抹消されてしまったため、前半生については確たる資料が残されていません。

それでも巷間に伝わった噂話などによって、おおむねこのようにして成長したのだろう、と伝わっています。

正雪は駿河の岡村彌右衛門やえもんという農家の、四人兄弟のうちの次男として誕生しました。

父は紺屋(染物屋)を兼業していましたが、正雪は家業を手伝うのを嫌ったため、臨済寺という寺に入れられました。

臨済寺は徳川家康が幼少期に教育を受けたことで知られており、江戸期においても徳川家から庇護を受けていました。

正雪は徳川家と縁の深い土地で育ったのだと言えます。

そこで正雪は読み書きや学問を習ったものの、僧侶になることも好まず、やがて寺を去っています。

そして郷里に戻ると、近隣に住む高松という浪人から軍記・歴史書の講義を受け、武士の世界への憧れを募らせていきました。

正雪は特に「太平記」と「太閤記」を好み、楠木くすのき正成まさしげや豊臣秀吉のような人物になりたい、という願望を抱くようになります。

このあたりは後の正雪の、無謀なまでの大望を知っていると、うなずけそうな話です。

江戸に出て菓子屋の後継ぎとなる

正雪は17才の時に江戸に出て、鶴屋彌次右衛門やじうえもんという、親類が営む菓子屋に奉公をするようになりました。

この店は春日局の御用達だったということで、なかなか繁盛していたようです。

そして21才の時に主人の彌次右衛門が病死したため、親類たちのはからいによって、正雪は婿入りをして店を継いでいます。

そのまま菓子屋の主人におさまっていれば、平穏無事に生活ができたでしょうが、正雪がそこに身を落ち着けることはありませんでした。

菓子屋の仕事をないがしろにして、武士や浪人と付き合うようになり、諸方への遊学などを繰り返していたため、愛想をつかされて離縁の話を持ちかけられることになります。

楠木不傳に軍学を習う

その頃の正雪は楠木不傳ふでんという、牛込に住む学者の門下に入り、軍学を学んでいました。

この楠木不傳は、正雪が憧れた楠木正成の子孫だと名のっており、正成が用いたとされる短刀や、楠木氏の系図なども所持していました。

それらが本物かどうかは不明ですが、正雪はその教えを熱心に学び、老いた不傳の世話にも励んだことから、やがて深く信用されるようになります。

そして離縁の話が持ち上がったことをむしろ幸いとして、菓子屋を出て不傳の娘と再婚しました。

そして不傳から軍学書を授けられ、一切を相続します。

それを機に名を楠木正雪と改め、軍学の師範として世に立つことになりました。

おそらく正雪の「正」の字は、正成にあやかったものだったのでしょう。

こうして正雪は当人が望む通り、武士の世界で生きていくことになったのでした。

正雪は楠木の姓を用いつつ、地元の地名である由比もまた、名のりに用いていたようです。

楠木正成の知名度

楠木正成は、鎌倉末期から南北朝時代にかけて、後醍醐ごだいご天皇に仕えて活躍したことで知られる武将ですが、江戸時代でも有名人でした。

彼の活躍を描いた太平記は日本中で盛んに読まれており、優れた戦術家として世に認知されていたのです。

ゆえに、正雪が不傳に仕えて婿となり、正成の後裔を称し、軍学者として世に立とうとしたのは、的を得た行いだったのだと言えます。

正雪が、衆に抜きん出るだけの才覚を備えていたのは確かでしょう。

張孔堂を開く

正雪は軍学者としての活動を、師と同じく牛込で始めています。

そこに「張孔ちょうこう堂」という塾を開き、弟子を募って講義を始めました。

この張孔堂という塾名は、劉邦に仕えた軍師・張良子房と、劉備に仕えた軍師・諸葛亮孔明の一字を借りて作ったものです。

どちらも中国における優れた軍師の代表格として知られる人物ですので、楠木正成といい、このあたりの名前のつけ方から、歴史上の有名人たちの名声を借りて、自分の存在を知らしめようとする、正雪の戦略がかいま見えてきます。

正雪自身は無名の農家の次男坊でしかなく、華々しい経歴も、人脈もありませんでした。

ですので、こういった手段を用いたのでしょう。

【次のページに続く▼】