加藤光泰、おおいに怒り清正の命を救う – 文禄の役の逸話より

「豊臣秀吉に仕えていた加藤」と言えば清正が有名ですが、もうひとり、加藤光泰みつやすという武将もいました。

光泰は豊臣政権下において、甲斐(かい)(山梨県)24万石の大名で、肥後(ひご)(熊本県)25万石の清正と、ほぼ同等の立場にありました。

1537年の生まれで、1562年生まれの清正より25才も年上だったことになります。

美濃に生まれ、秀吉に仕える

光泰は元々、美濃(みの)(岐阜県)を支配していた斉藤龍興(たつおき)の家臣で、その頃から勇将として知られていました。

敵対していた織田信長からもその武勇を認められていたほどで、衰退していく斉藤氏の中では目立った存在でした。

このために斉藤氏が滅亡した後、秀吉の仲介によって、光泰は信長に拝謁することが許されます。

そして信長から秀吉の家臣となるように命じられ、仕え始めました。

秀吉はこの頃から急速に出世を遂げていきましたが、そのために家臣が不足しており、竹中半兵衛など、斉藤氏の旧臣の取り込みを進めていたのです。

それが光泰にとって幸運の始まりとなり、やがて大名にまで出世するきっかけとなりました。

その後、秀吉と明智光秀との決戦となった「山崎の戦い」では、光秀が率いる本隊を強襲し、明智軍が総崩れとなるきっかけを作っています。

それ以外にも光泰は「賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い」や「小牧・長久手(ながくて)の戦い」など、秀吉の重要な戦いに参加して武功を立てました。

いわば光泰は歴戦の古強者(ふるつわもの)、といった形容がふさわしい武将だったのです。

加藤光泰

【加藤光泰の肖像画】

文禄の役で戦いをともにする

やがて秀吉は天下人になると、1591年から(みん)(中国の王朝)の支配をもくろみ、そのための通路となる朝鮮半島に攻め込みました。

これは当時の年号から「文禄(ぶんろく)の役」と呼ばれています。

この時に光泰は54才になっていましたが、自ら願い出て朝鮮に出陣しました。

既に甲斐の大名としての地位を確立し、領国経営にも優れた手腕を見せていましたが、あくまでその身を戦場に置きたい、という気持ちが強かったようです。

この時に遠征軍の先鋒を務めたのが加藤清正で、光泰は清正と同じ軍団に所属して戦いました。

この遠征は、序盤は日本側が優勢で、開戦からわずか一ヶ月ほどで、朝鮮の首都である漢城を攻め落としてしまうほどでした。

しかし、やがて明の大軍が参戦し、各地で民衆の抵抗運動が始まったことから、日本軍の快進撃は終わり、苦戦を強いられるようになっていきます。

そして明軍に食料庫を焼き払われたことで、光泰たちは深刻な危機に陥りました。

清正を置き捨てる話が持ち上がる

この時に清正は軍団が駐屯していた都城を離れ、数日ほど先行して進軍し、敵軍と対峙しようとしていました。

しかし、諸将は食糧が尽きかけていましたので、軍議の席で「一刻も早く撤退しよう」と提案するようになります。

これに光泰は憤ります。

「いま、清正が都城を離れて敵に向かっている。そなたらが都城を去って食を得ようとすれば、清正を敵中に置き去りにし、見捨てることになる。そうなれば清正は討ち死にするであろう。それを知りながらここを去る者ような臆病者とは、もはや男子として交わることはできぬ!」と強硬に主張し、撤退を押しとどめようとしました。

そして「清正を見捨てるのは日本の恥だ!」とまで言い放ちます。

これに対し、諸将は「気持ちはわかりますが、食糧は既に尽きてしまいました。どうにもなりませぬ」と反論します。

すると光泰は激しく怒り、「ならば砂でも食らうがよい!」と言うと、諸将は「砂など食べられはしませんぞ」と不満げに言い返します。

これを聞いた光泰は傲然と胸を反り返らせ、「そなたらは砂を食う方法を知らぬと言うか。ならばわしが教えてやろう!」と言い、諸将を罵り始めました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
戦国時代 豊臣 加藤 福島 宇喜多 逸話

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物