毛利勝永 大阪の陣で輝いたもう一人の勇将

スポンサーリンク

大坂夏の陣

osakajou_300

【大坂夏の陣の頃の大坂城の絵】

大坂城は深い堀に囲われた堅固な城でしたが、冬の陣の後の和平期間に堀を埋められてしまっており、城塞としての防御力が失われていました。

そうなれば勝機を野戦に求めるしかなくなったわけで、夏の陣では大坂方は軍を城の外に出して戦わなければなりません。

この時に大坂方は、逆転勝利を得るには敵軍の総大将である徳川家康を討ち取るしかないと判断し、作戦を立てます。

敵を狭い丘陵地に引きつけ、誘い込みをかけてから攻撃をしかける。

そうして敵を引きずり出していき、敵の戦線が伸び切ったところで別働隊に家康の本陣を攻撃させ、家康を討ち取る、というものでした。

戦力は徳川方が15万で、大坂方は5万ほどです。

そのため決して成功率が高い作戦ではありませんが、もはやそれにかけるしかない、というほどに追い詰められていたのが大坂方の状況でした。

これを「天王寺口の戦い」と言います。

この時、勝永は6000程度の兵を率いていました。

天王寺口の戦い

勝永の部隊の兵が徳川方の先鋒・本多忠朝勢と接触し、銃撃戦を行ったことで、この合戦の火ぶたが切られました。

勝永は戦いが始まるや、瞬く間に本多忠朝を討ち取り、さらに救援にやってきた小笠原忠脩(ただなが)をも討ち取ります。

両者とも徳川譜代、あるいは血縁に連なる武将であり、勝永の与えた打撃は大きなものでした。

さらには家康を守る場所に布陣していた、榊原・酒井・浅野・仙石・諏訪といった名だたる諸大名の軍勢をも続けて討ち破り、家康本陣の防御網を切り裂くことに成功します。

この時に勝永が打ち破った軍勢は3万にも及ぶとも言われており、勝永の強さと、徳川方の諸隊の連携のまずさが浮き彫りとなりました。

この機を逃さず、真田幸村が家康の本陣に3度に渡って突撃を敢行し、一時は家康に自害を覚悟させるほどの被害を与えました。

しかしついに家康を捕らえきることはできず、やがて力尽きた幸村は討ち取られてしまいます。

勝永の部隊はなおも奮戦を続けるものの、数で劣る豊臣軍の諸将は力尽きて次々と討ち取られ、やがては孤軍となってしまいます。

ついには四方から敵の攻撃を受ける状況になってしまい、これ以上の継戦は不可能とみて、勝永は大坂城へと撤退します。

この撤退時の勝永の指揮もまた見事で、追撃をかけてきた藤堂高虎や細川忠興といった歴戦の武将を撃退し、無事に城内に帰還することができました。

勝永の戦いぶりは攻守に渡り、際立って見事なものでしたが、ついに戦況を覆すまでには至りませんでした。

翌日になると豊臣方は完全に戦闘力を失っており、大坂城は徳川方に包囲されます。

勝永は大坂城が燃え盛る中、主君・秀頼の自害の介錯をし、父の代から仕えてきた豊臣家の終焉を、その目で見届けます。

そして長男と弟とともに大坂城内で自害し、その生涯を終えました。

享年は37でした。

【次のページに続く▼】