酒井忠次 四天王筆頭とされ、家康を支えた名臣の生涯

スポンサーリンク

太鼓を鳴らして武田軍を撤退させる

敗走した徳川軍は、ばらばらになって拠点である浜松城に撤退しました。

まだ戻ってくる者たちがいる中で、武田軍も迫ってきましたので、扉を閉めて守りを固め、味方を見殺しにするかどうか、家康は難しい判断を迫られます。

すると忠次が一計を案じ、扉は開け放たせたままにして、周囲にかがり火を焚かせ、太鼓を打ち鳴らしました。

その異様な様子を見た武田軍は、何か策があるのではないかと警戒し、攻め込んでくることはありませんでした。

こうして忠次の機転によって、徳川氏は壊滅の危機を免れたのでした。

ちなみに、この時に使われたとされる太鼓は現存しています。

長篠の戦いがはじまる

その後、信玄が病死したことによって、家康はからくも危機を逃れます。

武田氏の活動が停滞するうちに、家康は三河北部にある長篠城を調略し、寝返らせる事に成功しました。

すると信玄の後を継いだ勝頼が、1万5千の軍勢を率いて長篠に攻め込んできます。

家康は織田信長に救援を求めましたが、これを受け、信長は3万もの大軍を率いてかけつけてきました。

徳川・織田軍が迫ると、勝頼は設楽したら原に進軍してきて、両軍がにらみあいとなり、戦況が膠着します。

忠次が奇襲作戦を提案する

するとこれを打破するため、忠次は作戦を提案しました。

それは長篠城を攻めるための武田側の拠点となっている、鳶巣とびがす山砦を奇襲するというものでした。

ここを攻め落とせば、重囲に陥っている長篠城を救出できますし、武田軍の背後をおびやかして挟み撃ちにもできますので、優れた提案だったと言えます。

しかし軍議の席でこれを聞いた信長は、「そのような小細工は不要」と一蹴してしまいました。

ですが、軍議が終わると信長は密かに忠次を呼び寄せ、「先ほどは作戦が武田に漏れることを警戒して却下したのだ。お前の作戦は理にかなった最善の策だ。指揮を任せるので直ちに実行せよ」と告げました。

これを受け、忠次は部隊を率いて鳶巣山砦への奇襲を決行します。

忠次は徳川軍の中でも、特に弓や鉄砲の扱いに長けた者たち2千を選抜し、これを率いました。

そこに信長からの鉄砲隊などの援軍を加え、総勢4千ほどで出陣します。

鳶巣山砦を攻め落とす

武田軍に察知されないよう、忠次の部隊は山中を移動しました。

この行軍は重い鎧を脱ぎ、荷物として背負いつつ、尾根づたいに山道を歩くものでしたので、相当な困難がともなったものと思われます。

しかし忠次隊はこれをやり遂げ、武田軍に見つからずに、鳶巣山砦まで接近することができました。

武田軍は長篠城側に目を向けていましたので、忠次隊はその背後に回り込みます。

そして敵が警戒をしてない方面から、攻撃を開始しました。

忠次隊は猛攻をしかけましたが、守将である河窪かわくぼ信実のぶざねの抵抗も激しく、4度に渡って押し返されます。

しかし配下の松平家忠が陽動をしかける間に、他の入り口から侵入し、ついに河窪信実を討ち取ることに成功しました。

河窪信実は信玄の異母弟でしたので、これは大きな手柄だったと言えます。

忠次隊は余勢をかって、付近の有海村を占拠していた武田軍をも撃破し、後方を抑えて退路を断つことに成功します。

この結果、武田軍が長篠城を攻め落とすことは不可能となり、勝頼は信長と家康に対し、正面から決戦を挑むことにしました。

そしてよく世に知られている通り、武田軍は惨敗して多くの有力な武将が討ち取られ、衰退の時を迎えることになります。

このようにして、家康と信長にとって重大な決戦において、忠次は優れた働きを見せて勝利に貢献したのでした。

この手柄によって、忠次は後に信長から黄金二百両と、備前長船おさふねという名刀を与えられています。

【次のページに続く▼】