真田昌幸はどうして表裏比興の者と呼ばれたのか?

スポンサーリンク

上田合戦

徳川家は真田家を攻め滅ぼすべく、7千の軍を上田に向けて派遣してきました。

この時に軍を率いていたのは家康本人ではなく、配下の鳥居元忠や大久保忠世といった歴戦の武将たちでした。

昌幸はこれに対して2千の兵で立ち向かい、巧みな用兵術によって徳川軍を撃退します。

この時の徳川軍の死傷者は1300人にも達したと言われており、真田軍の大勝利でした。

徳川軍は上田城に攻め込み、二の丸(城内の防御施設)まで侵入するものの、ここで頑強な抵抗を受けて撃退されます。

さらに後退する時に追撃され、城の外から機を見て援軍に駆けつけた真田信幸の攻撃を受けて挟み撃ちとなり、徳川軍は大きな被害を出すことになりました。

同時期に沼田城にも北条の大軍が差し向けられていますが、こちらもまた撃退されています。

この時の大勝利によって、真田家は周囲の勢力から「武田の旧臣」ではなく、「信濃の独立勢力」として認識されることになりました。

自軍の数倍の戦力を討ち破ったのですから、真田の力が並々ならぬものであると、世に認められることになったのです。

しかも撃退した相手は強大な徳川軍でしたので、その衝撃は大きかったことでしょう。

真田家はついに、実質的な独立を勝ち取ったことになります。

その後も徳川家や北条家の侵攻を受けますが、いずれも撃退して勢力を保っています。

豊臣家への臣従

その頃には豊臣秀吉が中央で勢力を伸ばし、天下人としての地位を固めていました。

昌幸はこの秀吉と通じ、豊臣家に臣従することになります。

上杉家もまた豊臣家に臣従しており、真田家はより上位の勢力と直接結びついたことになります。

こうなるともう上杉家に臣従する必要がなくなりますので、上杉家に送っていた信繁を、今度は秀吉の元に人質として送ります。

豊臣家への直接の臣従が認められたのは、上田合戦の勝利の影響が大きかったでしょう。

この時もまだ徳川家や北条家との抗争は終わっておらず、沼田城で北条氏直が差し向けてきた軍勢を撃退するなどしています。

さらに家康自身が再び真田攻めを企図しているという知らせが入ります。

ここで秀吉が調停に入り、家康は真田攻めを断念せざるを得なくなりました。

この頃には家康も秀吉に臣従していたからです。

豊臣家に臣従した効果が発揮され、真田家は強大な勢力から攻め込まれ続ける圧力から脱することができました。

しかしここで秀吉は、真田家は徳川家の与力になるように、と通達します。

信濃や上野をめぐっての小競り合いをやめされるための措置だったと思われます。

これを受け、昌幸はここまで争ってきた徳川家康と、駿河で会見して和解しました。

そして長男の信幸を家康に仕えさせます。

この措置が、後に真田家の危機を救うことになります。

その後で大阪に移動し、秀吉に謁見します。

これで名実ともに豊臣家臣となり、その領土は安堵(他者に侵されないよう保証)されることになります。

武田滅亡後の、昌幸の真田家独立のための活動は、ここに至って結実することになります。

豊臣家には臣従しているわけですが、それは徳川家にしても上杉家にしても同じなわけで、豊臣家に従わないのであれば、自らが天下人になるしかありません。

それはさすがに不可能なわけで、天下人・豊臣秀吉の家臣になって勢力圏が確定した時点で、昌幸の野望は一定の達成をみた、と言えるでしょう。

【次のページに続く▼】