北条氏康はどうして河越夜戦で上杉憲政や足利晴氏の大軍に勝利できたのか?

スポンサーリンク

戦国時代に関東で勢力を広げていた北条氏康は、1546年に河越城を8万という大軍に包囲され、危機に陥ります。

これは関東管領の上杉憲政や、古河公方の足利晴氏が、北条氏討伐のために各地の諸侯に呼びかけ、兵力を結集した結果です。

対する北条氏の兵力は1万程度のものでしたが、氏康は果敢な奇襲攻撃によってこの大軍を討ち破り、関東における優位を確定させました。

この「河越夜戦」は後世から「日本三大奇襲」に数えられ、戦国時代の代表的な戦いの一つとして知られることになります。

この文章では、どうして氏康は圧倒的な兵力差を覆して勝利できたのか、について書いてみます。

【北条氏康の肖像画】

戦いの背景 – 北条氏の武蔵への進出

まず、この戦いが発生した背景から触れていこうと思います。

戦国時代の関東地方は、室町幕府より任じられた古河公方が中心となって、関東管領の上杉氏がそれを支える、という体制によって秩序が形成されていました。

古河公方は将軍家の足利氏の一族で、関東の統治権を幕府から委ねられた存在です。

関東管領はこれを補佐し、実際の政務を担当する立場でした。

しかし伊豆や相模(神奈川県)を根拠地として北条氏が勃興したことにより、この状況は大きく変化していくことになります。

北条氏は初代の早雲が戦国大名としての地位を確立した後、2代目の氏綱もまた積極的に領地の拡大を図っていきました。

この氏綱が氏康の父親です。

やがて氏綱は、古河公方や関東管領が内紛で弱体化した隙をつき、武蔵(埼玉から東京一帯の地域)の河越城を攻め落とします。

河越城は関東管領の一族・上杉朝定(ともさだ)が治めていた城で、武蔵の重要拠点でした。

こうして北条氏は武蔵に進出し、同時に関東管領の一族の力を削ぐことにも成功しています。

北条氏への反発が高まる

しかし、武蔵に進出して上杉氏の領地を奪ったことで、関東における北条氏への反発が高まることにもなりました。

この頃に上杉氏は、「山内上杉氏」と「扇谷(おうぎがやつ)上杉氏」という2つの氏族に分かれて抗争を続けていました。

しかし北条氏という共通の敵が現れたことで、やがて両者は争いを収めるようになっていきます。

また、下総(千葉県北部)に勢力を持つ足利義明(古河公方の一族)はそれまで氏綱に協力したり、時に敵対したりと付かず離れずの関係を続けていましたが、河越城が落ちたことで、氏綱の勢力の拡大に危惧を覚えるようになりました。

このため、足利義明は河越城を奪われた上杉朝定への支援を始め、北条氏に敵対する姿勢を明らかにします。

こうした情勢の変化により、関東は北条氏と反北条勢力が別れて争う、という形勢になっていきました。

新興勢力である北条氏の躍進が、旧勢力である足利氏と上杉氏に危機感を与え、彼らが連合を組んでいく流れを作り出したことになります。

氏綱の死と氏康の継承

その後、氏綱は房総半島に進出し、足利義明と里見氏の連合軍を討ち破り、下総(千葉県北部)にも勢力を拡大しています。

また、西に隣接する今川義元とも対立するようになり、やがて駿河(静岡県)に攻め込んで、河東(かとう)という地域を占領しました。

こうして順調に領地の拡大を続けるのですが、氏綱は1541年に、病によって没してしまいます。

このため嫡男の氏康は、西と東に敵を抱えた情勢で北条氏の家督を受け継ぐことになり、当主となって早々に、困難な舵取りを強いられることになります。

北条包囲網

1545年になると、今川義元と関東管領の上杉憲政、そして上杉朝定が同盟を結び、同時に北条氏への攻撃を開始しました。

義元は氏綱に奪われていた河東を取り戻すために侵攻し、これを迎え討つために氏康は駿河に向かいます。

しかし北条軍は今川軍に敗れ、河東の拠点をいくつも失ってしまいます。

こうして氏康が駿河に釘付けになっている間に、上杉憲政と上杉朝定も武蔵に向けて軍を動かし、河越城を包囲しました。

こうして氏康は東西からの同時攻撃を受け、窮地に陥ります。

このままでは河越城の救援にも向かえないため、氏康は義元との和睦を考えるようになりました。

今川義元と和睦する

この時に甲斐(山梨県)の支配者である武田晴信(後の信玄)が、氏康と義元の仲介役になりました。

氏康は「河東の領地を義元に割譲する」という不利な条件を受け入れ、今川氏との戦いを終結させます。

これによって駿河での根拠地を失いましたが、これを飲まなければならないほどに、氏康は追い詰められていました。

こうして1546年には西側での抗争を終わらせ、敵を東側のみに絞ることができましたが、その頃には河越城を包囲する軍勢は、かつてないほどの規模に膨れ上がっていました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
戦国時代 上杉 北条 足利

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物