伊達政宗 戦国の終わりを生きた、奥羽の「独眼竜」

葛西大崎一揆

北条氏征伐の翌年には「葛西大崎一揆」という反乱が勃発します。

これは秀吉の奥州仕置によって領地を失った葛西・大崎氏の家臣団たちが起こした事件で、彼らは新しく領主となった木村吉清から城を奪取し、制圧しました。

これに対し、秀吉は政宗にかわって会津の領主となっていた蒲生氏郷と、旧葛西・大崎領に隣接する領地を持つ政宗に、一揆の鎮圧を命じます。

しかし蒲生氏郷の家臣が鎮圧を始める直前に、この一揆を扇動したのは政宗である、と訴え出ます。

政宗が一揆勢に送っていた密書が発見され、これは秀吉の元にまで届けられました。

上洛を命じられた政宗は査問されますが、書類は偽造であると主張し、秀吉はその主張を認める態度を見せ、いったんは不問とされます。

東北に戻った政宗は一揆の鎮圧に本格的に乗り出し、一ヶ月程度で一揆を収束させます。

そして一揆の主だった武将たちを呼び寄せると、これを皆殺しにしてしまいます。

戦後処理で一揆が起きた地域、30万石の領地は政宗に与えられることになりますが、一方でこれまで政宗が治めていた領地のうち、44万石が没収されてしまいます。

この結果、72万石の領地は58万石に減少し、しかも一揆が起きたばかりの不穏な地域を担当することになってしまいました。

実質的にこれは政宗への罰であり、政宗が本当は一揆に関与していたと秀吉は見抜いていたようです。

政宗は自分の勢力を拡大するために旧葛西・大崎領で反乱を起こさせ、それを自分が鎮圧することで手柄とし、言わば自作自演で領地を得ることを狙ったものと思われます。

結局は成功せず、大損をすることになってしまうわけですが。

戦後に一揆勢を集めて皆殺しにしたのは、口封じのためだったと見られています。

その後は秀吉による豊臣秀次の粛清の際に、秀次と仲がよかった政宗も謀反を疑われ、転封されそうになって危機を迎えます。

この時は重臣たちが直訴するなどして難を逃れています。

参加が遅くなったこともあり、秀吉の政権下では重用されず、よい目にあうことはなかったようです。

関ヶ原の戦い

秀吉の死後、天下の主導権をめぐる争いが徳川家康と石田三成の間で発生しました。

これはやがて天下分け目の「関ヶ原の戦い」に発展していきます。

関ヶ原の戦いの決戦は岐阜で行われましたが、この時期は日本全国で諸大名が東軍と西軍に分かれて争っており、政宗もまた東北での戦いに臨むことになります。

政宗はこの機に秀吉に没収された領地の回復を狙っていて、蒲生氏郷の死後に会津を支配していた上杉景勝と対立します。

上杉氏は石田方、西軍に属していましたので、政宗は東軍について戦うことになります。

この時に徳川家康から旧領地の奪還を許可する書状、いわゆる「100万石のお墨付き」を受け取っています。

関ヶ原の戦いが勃発すると、政宗は上杉領への侵攻を始めます。

そして福島城を包囲しますが、城主・本庄繁長の強い抵抗にあって落城させることができず、撤退を余儀なくされます。

その後もたびたび出兵しますが、奪還できたのはわずか2万石にとどまりました。

これまでの経歴から見ても、政宗は猛将・戦上手というタイプではなく、外交や政略、謀略を交えて敵を弱らせ、そこから勝利を得る智将タイプだったと思われます。

家中がまとまっていた上杉氏に対しては策略を巡らせられる余地が乏しく、さほどの成果を上げられませんでした。

政宗はこの時、伊達領よりも北の地域(青森と秋田北部)を支配する南部氏の領地でも、反乱の扇動を行っていました。

南部氏は東軍に属しており、後に味方へのこの妨害活動が発覚したために、これといった恩賞が家康から与えられることはありませんでした。

このため、政宗の領地は奪還した2万石と、後に与えられた飛び地を加えて62万石で確定します。

最終的には父から引き継いだ領地よりも減ってしまっており、先の葛西大崎一揆といい、動きすぎてかえって損をしてしまうことが多かったようです。

この時の政宗はまだ若くて血気盛んであり、そうすんなりと老いた天下人たちの下で、平穏無事に生きていく気持ちにはなれなかったのでしょう。

そのため、何度も危険な綱渡りを繰り返しています。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
戦国時代 伊達

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物