勝海舟の墓と西郷隆盛の留魂詩碑 洗足池の史跡

スポンサーリンク

勝海舟の墓は、東京都大田区、南千束せんぞくの憩いの場である、洗足池せんぞくいけのほとりにあります。

洗足池
【広々とした水面をたたえる洗足池 周囲は静かな住宅街で、落ち着いた風情がある】

スポンサーリンク

洗足池と勝海舟の関わり

海舟は1868年に、鳥羽・伏見の戦いで敗れた幕府軍の代表として、官軍の参謀である西郷隆盛と会見をすることになりました。

勝海舟
【1860年ごろの勝海舟】

官軍の本陣が池上本門寺に設置されていましたので、海舟はそこに向かいます。

そして途中で洗足池のそばを通りかかり、その自然のおもむきをいたく気に入りました。

交渉の行方次第では、江戸は火の海になるかもしれず、海舟は相当に緊張をしていたと思われます。

ゆえに、洗足池の穏やかな風景が心を和らげてくれたのでしょう。

結局のところ、海舟と西郷の和平交渉は無事にまとまり、江戸城は戦火を交えることなく官軍に明け渡されています。

その後も東北や北海道では戦いが続きましたが、それも官軍によって平定され、国内の動乱は鎮まっていきました。

すると海舟は洗足池の側に住みたいと思い、農学者の津田仙(津田塾大学の創始者・津田梅子の父)の仲介によって、洗足池そばの土地を得ます。

そしてそこに、洗足軒という別邸を建てました。

このことからわかるように、海舟はよほどに洗足池を気に入ったようです。

墓が洗足池の側に建てられる

その後、海舟は明治政府の海軍卿や枢密すうみつ顧問官などを務めましたが、1899年に、77歳で亡くなりました。

生前より洗足池の近くに墓所を作っており、そのために海舟のお墓は現在の場所にあるのでした。

この写真に見られる通り、海舟と妻のたみの墓が並んで建てられています。

海舟お墓

石塔に書かれた「海舟」の文字は、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜よしのぶが記したものだと伝えられています。

海舟文字

幕末のころ、海舟と慶喜は不仲で、明治時代になってから20年間も交流がなかったのですが、海舟の方から関係改善の働きかけを行いました。

海舟は慶喜が明治天皇に面会し、公的な地位を取り戻すのに携わったり、慶喜の子に爵位を譲るなどしています。

石塔に「海舟」の文字を記したことから、海舟の思いが慶喜に届いていたことがわかります。

現在ではこのお墓は、大田区の史跡に指定されています。

別邸は焼失してしまった

海舟の別邸は戦災によって焼失してしまい、跡地は中学校になっています。

別邸があった場所には看板が設置され、海舟と洗足池の関わりについて、解説する文章が掲載されています。

洗足軒の看板と中学校
【洗足軒の跡地 背後は中学校の敷地になっている】

西郷隆盛の留魂詩碑

海舟の墓のそばには、西郷隆盛の漢詩が刻まれた留魂詩碑りゅうこんしひもまた、設置されています。

留魂詩裨

江戸城の明け渡しに際し、海舟と西郷が交渉を行いましたが、これによって両者の仲が深まり、以後は親しく交流を持つようになりました。

海舟は会談の際の西郷の様子を、次のように語っています。

「おれがことに感心したのは、西郷がおれに対して、幕府の重臣たるだけの敬礼を失はず、談判の時にも、始終座を正して手を膝の上に載せ、少しも戦勝の威光でもつて、敗軍の将を軽蔑するといふやうな風が見えなかつた事だ」

このような西郷の重厚な物腰が、海舟をいたく感心させたのでした。

後に西郷は洗足軒を訪れ、海舟と日本の将来について歓談した、という逸話があります。

その後、西郷は征韓論をめぐる政争に敗れて鹿児島に戻りましたが、やがて弟子たちが政府に反抗し、西南戦争を引き起こしました。

西郷は弟子たちに担がれる形でそれに参加しましたが、1877年に敗北し、死去しています。


【非業の死を遂げた西郷隆盛】

これによって、最後は逆賊として世を終えたのですが、 海舟はその死を悼み、西郷の一回忌を記念し、自費で留魂詩碑を作りました。

当初は東京葛飾区の浄光寺に設置されていましたが、1913年に行われた荒川の開削工事に伴い、海舟のお墓の側に移設されています。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
史跡めぐり 幕府 幕末 薩摩藩
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物